誰もコナンを止められない!興収62億円・興行V4でシリーズ記録まであと少し!

先週末(2018年5月5日〜5月6日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(→)『名探偵コナン ゼロの執行人』

2位(→)『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

3位(NEW)『ラプラスの魔女』

4位(→)『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ -拉麺大乱-』

5位(↓)『レディ・プレイヤー1』

6位(↓)『リメンバー・ミー』

7位(↓)『となりの怪物くん』

8位(↑)『ボス・ベイビー』

9位(NEW)『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』

10位(↓)『いぬやしき』

(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会   

 ゴールデンウィーク後半の4連休となった今週の映画動員ランキングは、『名探偵コナン ゼロの執行人』が、土日2日間で動員万41万8000人、興収5億5200万円をあげ、4週連続の首位を達成。先週は初登場の『アベンジャーズ』に興収では及ばなかったが、今週末は動員興収ともに1位となっている。累計では動員479万人、興収62億円を突破。劇場版シリーズ6作連続での更新(前作は68.9億円)に向け順調な興行を続けている。

 先週2位スタートを切った『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、土日2日間で動員26万6000人、興収4億800万円をあげ順位をキープ。累計では動員171万人、興収25億円を突破している。

 東野圭吾デビュー30周年記念作品である同名ミステリー小説を、櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰の初共演で映画化した『ラプラスの魔女』は、土日2日間で動員20万8000人、興収2億7800万円をあげ3位に初登場。5月4日(金・祝)の公開から3日間の累計では動員37万3000人、興収4億9500万円をあげた。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』は、9位にランクイン。1

 既存作品では、先週と変わらず4位をキープしている『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ -拉麺大乱-』が、累計で動員124万人、興収14億円、5位の『レディ・プレイヤー1』が動員115万人、興収18億円、6位の『リメンバー・ミー』が動員380万人、興収47億円、8位の『ボス・ベイビー』が動員287万人、興収33億円を突破している。

他のニュース記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com