ファン必見!ジュラシック・ワールド“あの乗り物”の裏側大公開!

(c) Universal Pictures

(c) Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、7月13日(金)にいよいよ日本上陸。ファン必見の乗り物・ジャイロスフィアが登場するシーンの撮影の裏側を大公開した特別映像が解禁された。

6月21日に北米での公開を迎えると、オープニング興収約1億4800万ドル(約162億円)を記録し、初登場No.1の大ヒットスタート。さらに、公開された68の国と地域でNo.1を獲得している本作は、インターナショナルの公開からたった3週間で、すでに全世界累計興収約7億1150万ドル(約780億円)を突破している。

前作に引き続き主要キャストは、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが務めている。

(c) Universal Pictures

(c) Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

ブライス・ダラス・ハワードが「丘を駆け下りてくる絶体絶命の場面よ」と解説するように、この混乱の中登場するのが、前作ではテーマパークを移動する為の手段として使われていたジャイロスフィア。

本シーンについて「苦労したシーンだ。ハワイとロンドンで撮影し、それぞれの映像を組み合わせたんだ」と明かすJ・A・バヨナ監督だが、キャストを乗せたままジャイロスフィアを台車に乗せてハワイの大地を爆走する様子や、真に迫った表情を撮る為に、ロンドンのコンテナが点在する場所にレールを敷き、実際にキャスト達を乗せたジャイロスフィアを、ジェットコースター並みの速度で走らせるなどした撮影を実施。

さらに、崖から海へと飛び出した後のシーンで、キャストは巨大な水槽でスキューバダイビングをしたといいますが、すべてを撮りきるのに5日間かかったのだとか。コリン・トレボロウが「乗り物が浸水する場面は、恐竜がいなくても十分にスリルがある」と太鼓判を押す出来栄えとなったのは、身体をはったキャストの努力もあってこそだということが映像からもわかる。

撮影中のお気に入りのシーンとして、この海中シーンを挙げるプラットは、その理由について「僕は海中のシーンはどれも大好きだよ。クレアたちはもう少しで溺れそうだし、オーウェンは急いで水の中に入り、ジャイロスフィアを破壊してでも彼女たちを脱出させないといけない。でも、それはうまくいかない。オーウェンはいったん水面まで戻り、それからもう一度海中に入っていく、という流れだった。そのすべてが要素として成立するように行われなければならず、それは何千ものピースのパズルを組み立てるようなものだ。ピースごとに撮影する過程は僕は嫌いじゃない。そういったピースがつなぎ合わされていくのを見るのが大好きなんだ」と明かしている。

「史上最高の映画を見せてやるぜ」とドヤ顔で公言するプラットの言葉は嘘か誠か。その答えは劇場で確かめてみよう。

関連記事

祝・39歳!クリス・プラットが『ジュラシック・ワールド』スタッフに突撃インタビューする爆笑映像が解禁
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』マルコム博士を続投の大塚芳忠ら吹替版キャスト第二弾発表
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』4DX版の上映決定!前作も4DXアンコール上映
T-レックスやヴェロキラプトルが牙をむく!『ジュラシック・ワールド/炎の王国』より恐竜たちの特別映像が到着!
クリス&ブライスが『ジュラシック・パーク』を“60秒”でご案内!? クリス節炸裂の特別映像が到着!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com