『キングスマン』270度3面スクリーンでの上映決定!

表の顔は、ロンドンの高級テーラー。その実態は、どの国にも属さない世界最強のスパイ機関! 全世界が熱狂した『キングスマン』から2年。アメリカ他各国でNo.1大ヒットを記録して、またもや世界をブッ飛ばした最新作『キングスマン:ゴールデン・サークル』が、2018年1月5日(金)より全国ロードショーされる。

このニュースのポイント

・『キングスマン:ゴールデン・サークル』のScreenX上映が決定!
・270度3面スクリーンでキングスマンの世界に没入できる

そしてこの度、日本初の3面スクリーン(正面+左右側面)での上映システム・スクリーンXで本作の上映が決定! 視界の限界を超えた究極の臨場感によって、キングスマンの世界観に没入できる衝撃的な映画体験の全貌が垣間見られるScreenX版特別予告を解禁された。

「ScreenX(スクリーンエックス)」システムは、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場に日本初導入された、正面だけでなく左右側面(壁面)にも映像が投影される次世代型映画上映システム。270度という規格外のワイドスクリーンにより視角すべてで映画を感じることで観客を究極の臨場感へと誘う、従来の映画の枠を超えた大迫力の上映システムは、隅々までこだわり抜かれた世界観で観客を魅了し、ギミック満載でぶっ飛ばす超過激スパイアクションとの相性も抜群。

解禁されたScreenX版特別予告からは、まるでエグジー(タロン・エガートン)、ハリー(コリン・ファース)らキングスマンの一流エージェントたちと共闘しているかのような圧倒的な没入感を予感させる。オープニングで登場するロンドンのカー・チェイスシーンでは、左右のスクリーンでロンドン市内をハイスピードで走っている車の中にいるような体験ができる。3面スクリーンにはそれぞれ車の計測器、ペダル、タイヤ、サイドミラーで敵を確認するエグジーの視線等をマルチ画面で表現し、緊張感が倍増している。

 敵の基地であるポピーランドへ突入するアクションシーンでは、ロングテイクカメラの動きにScreenXの効果まで加わり、常識破りのリアルな戦闘シーンの体験が可能。約5分間続く戦闘シーンではカメラの動きにあわせて左右のスクリーンで雨のような弾丸が降り注ぐ感覚と、爆発による破片等をドラマチックに表現し、戦闘の真っ只中にいるようなリアル感を感じることができるだろう。

関連記事

傘の手さばき健在!『キングスマン:ゴールデン・サークル』場面写真一挙到着!
『キングスマン:ゴールデン・サークル』最高に面白い!毒っ気たっぷり、アクション健在!正月はこれでキマり!
『キングスマン:ゴールデン・サークル』とマンUのスター選手がコラボ
「キングスマン」最新作、日本公開日決定!新予告解禁

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com