金曜ロードSHOW!『サマーウォーズ』『未来のミライ』 細田守監督作品を2週連続で放送!

【金曜ロードSHOW!】
7月12日(金)『サマーウォーズ』
よる9時00分~11時14分 ※放送枠20分拡大 本編ノーカット
7月19日(金)『未来のミライ』
よる9時00分~10時54分 地上波初放送・本編ノーカット

金曜ロードSHOW!では7月12日から2週連続で、スタジオ地図が贈る細田守監督の大ヒット作品を放送する。

第1弾『サマーウォーズ』(2009)

©2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

7月12日は、細田守監督初のオリジナル作品として2009年に公開された『サマーウォーズ』を、公開10周年を記念して初の本編ノーカットで放送。

ちょっと気弱な男子高校生が、憧れの先輩とその大家族とともに、“愛”と“絆”を武器に世界の危機に立ち向かう壮大な感動物語。物語の舞台となるネット上の仮想世界“OZ”は、世界中に普及し買い物やスポーツ観戦、行政手続きや医療データの管理などが行えるという設定だが、公開から10年を迎えたいま、まさに現実が近づいてきたと言える。作中では「ネットの中だからって何でもやっていいと思ったら大間違いだ!」と言う、まさにいまの時代にこそ響くセリフも。

2017年の放送では「#サマーウォーズ」がTwitter世界トレンドワード1位となるなど、放送の度に注目されている。

ストーリー

数学オリンピックへの出場を逃した高校2年生の小磯健二。夏休みの予定は買い物や、行政手続きなど、あらゆることができる仮想世界“OZ”の保守点検のバイトだけ。ある日、健二は先輩の夏希に頼まれ、長野県上田市にある彼女の実家に行くことに。憧れの先輩との旅行に胸を躍らせる健二だったが、夏希の曾祖母・栄の誕生祝いのために集まった親戚一同の前で突然健二を自分のフィアンセだと紹介される!その一方で“OZ”の世界で恐ろしい事態が起こる。健二のアカウントが乗っ取られ、システムに障害を起こしてしまったのだ。容疑者として疑われる健二…。さらに、その障害は世界に危機をもたらそうとしていた…!!

第2弾『未来のミライ』(2018)

©2018 スタジオ地図

7月19日は、細田守監督最新作『未来のミライ』を本編ノーカットで地上波初放送。本作は、米国アカデミー賞長編アニメーション映画賞ノミネートをはじめ、カンヌ国際映画祭・監督週間に選出、ゴールデン・グローブ賞アニメーション映画賞ノミネート、アニー賞長編インディペンデント作品賞を受賞するなど世界中の映画賞や映画祭で高い評価を得た。

4歳の甘えん坊の男の子くんちゃんは、未来からやってきた妹のミライちゃんに導かれ、時をこえた“家族の物語”へと旅立つ。『未来のミライ』は小さな子どもの目線を通し、その家族の日常を描きながら、繰り返し続いてきた家族の歴史、大きな時間の流れ、生命の循環といった、巨大なテーマにたどり着いた作品だ。

ストーリー

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃんに、 生まれたばかりの妹がやってきます。妹に両親の愛情を奪われ、寂しさいっぱいのくんちゃん——。そんな時、くんちゃんは家の庭で自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、不思議な少女と出会います。
彼女は未来からやってきた妹・ミライちゃんでした。ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?ミライちゃんがやってきた本当の理由とは——

細田守監督コメント

『サマーウォーズ』は、公開から10年が経ちましたが、この夏もまた皆さんに見ていただけることになりました。今回は初の本編ノーカットということで、大変嬉しく思っています。改めて皆さんにたっぷりと楽しんでいただければと思います。

『未来のミライ』は世界中の皆さんに見ていただき、米国アカデミー賞にもノミネートされました。この作品の持つある種の“根源的なもの”というのは、世界中の皆さんにも感じてもらえたのだと思います。是非、皆さまでゆったりと楽しんでいただければと思います。

作品情報

「サマーウォーズ」(2009)
7月12日(金)よる9時00分~11時14分 ※放送枠20分拡大 本編ノーカット
◆監督:細田守
◆脚本;奥寺佐渡子
◆キャラクターデザイン:貞本義行
◆声の出演:神木隆之介、桜庭ななみ、谷村美月、富司純子、仲里依紗、中村正、永井一郎

「未来のミライ」(2018)
7月19日(金)よる9時00分~10時54分 地上波初放送・本編ノーカット
◆監督・脚本・原作:細田守
◆声の出演:上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司、福山雅治
※米アカデミー賞長編アニメーション部門ノミネート
※カンヌ国際映画祭 監督週間・正式上映作品
※アニー賞長編インディペンデント作品賞受賞 長編アニメーション脚本賞ノミネート
※ゴールデン・グローブ賞 最優秀アニメーション映画賞ノミネート

他の記事も読む

関連記事

『サマーウォーズ』の素晴らしさ徹底解説!ポイントは“責任”と“肯定”
映画『サマーウォーズ』は若手からアラフォーまでイケメンが満載!
『未来のミライ』が賛否両論になった「10」の理由 
『未来のミライ』細田監督「ウチの子に絵本を読んであげているような作品に…」
細田守監督の最新作『未来のミライ』は世界中の家族必見の快作

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com