『記憶屋』、山田涼介主演で2020年映画化決定

第22回日本ホラー小説大賞<読者賞>を受賞し、累計35万部を越える織守きょうやの原作「記憶屋」が実写映画として2020年に公開することが決定。

人の記憶を消せる記憶屋っていう人がいるらしいー。大学生の遼一は、年上の恋人・杏子と幸せな日々を送っていたが、プロポーズをした翌日から連絡が取れなくなってしまう。そして、数日後に再会できた杏子は、遼一の記憶だけが無くなっている杏子だった。遼一はにわかには信じることができなかったが、都市伝説的な“記憶屋”のことを知り、大学の先輩で弁護士の高原に相談し、杏子が記憶を失った原因を探すことに。幼馴染の真希や高原の助手・七海らとともに調べていくと、遼一は人々の中にある「忘れたい記憶」やその奥にある想いなどに触れていくことに。そして、その先には彼らの運命を大きく変える真実があったー。

本作は、人々の中にある「忘れたい記憶」と「忘れたくない記憶」から「切なさ」や「想い」が浮かび上がり、誰もが共感できる人の「記憶」をめぐる感動のヒューマンラブストーリー。

主人公の吉森遼一を演じるのは山田涼介(Hey! Say! JUMP)。遼一の幼馴染・河合真希役には芳根京子。

また、蓮佛美沙子、佐々木蔵之介の出演も発表された。

監督には映画『ツナグ』『僕だけがいない街』、ドラマ「JIN-仁-」「天皇の料理番」「義母と娘のブルース」など次々と映像化作品を手がけた平川雄一朗。

キャスト・スタッフコメント

山田涼介(吉森遼一役)

角川ホラー文庫から出ている小説が原作ですが、そこには「怖さ」ではなく、「切なさ」や「人を想う気持ち」が交じり合う普遍的な世界が描かれています。原作は漫画にもなっており、さらに実写化ということで、観ていただけると「記憶屋」の世界観をより理解していただけると思います。芳根さんと佐々木さんとは初共演、蓮佛さんとは二度目の共演ということで、みんなで力を合わせながらこの不思議な世界観を創っていきたいなと思います。愛に切なさに優しさに寄り添っていただけると思います!

芳根京子(河合真希役)

自分にとって挑戦の年だった2018年の締めくくりに、平川組で「記憶屋」の撮影に臨めることがとっても嬉しいです。そして今回初めてご一緒させて頂く山田さんにリードしてもらいながら、遼一を幼馴染みとして側で支え、複雑な気持ちを胸に抱える真希という無邪気な女の子を通して、自分なりに沢山悩みもがきぶつかってこの作品を皆さんの記憶に残る一本にできるようがんばります。

そして、蓮佛さんと「べっぴんさん」ぶりの共演、とても嬉しいです!姉妹から、恋の矢印が交錯する複雑な関係へと変わりました。いろんな経験をして成長できた姿を見せられたら、と気合が入ります。また、今まで同じ作品に参加させていただいてましたが、一緒にお芝居をしたことがなかった佐々木蔵之介さんと、やっと直接お会いできるのもすごく楽しみです。

蓮佛美沙子(澤田杏子役)

幸せだった日々から一転、大好きな人のことを全て忘れてしまった杏子。なぜ忘れてしまったのか、そこに在る理由やそれまでの幸せな日々、そして忘れてしまってからの微妙な関係性を、ひとつひとつ零さず丁寧にすくい上げていけたらなと思っています。

佐々木蔵之介(高原智秋役)

家族と囲んだ食卓、友達と笑い合った放課後、焦がれていたあの人の横顔、故郷の風景…この映画には、誰もの心に刻まれた、美しくあたたかい、時には切ない「記憶」が登場します。皆さまの心にそっと寄り添ってくれる優しい映画になってくれればと思います。

織守きょうや(原作者)

制作陣の方々が、記憶屋を映画にしたいと思ってくださったことが、まずとても嬉しいです。映画という媒体には、小説とはまた違う強みがあります。原作小説を読んでくださった方にも、未読の方にも、楽しんでもらえる映画になりますように。私も、楽しみに完成を待ちたいと思います。

石塚慶生プロデューサー

原作を読んだ時、ファンタジー的な設定でありつつも、一方で登場人物すべてが悩み、真実を追い求める姿は「現代の寓話(ぐうわ)」だと感じ、感動しました。運命に立ち向かう遼一に山田さん、明るさの中に影を秘めた真希に芳根さん、遼一への強い愛を抱く杏子に蓮佛さん、ある想いを隠し遼一と手を組む高原に佐々木さん。これ以上の適役がないと思われる程の実力派キャストと人間の愛と希望を描き続けてきた平川監督との夢のタッグが実現し、本作はまさに「記憶に残る」作品になると確信しています。どうぞご期待ください。

他の記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com