真木よう子が色気全開で魅せる昭和のママ!『孤狼の血』場面写真が解禁

5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』(配給:東映)より、真木よう子演じる「クラブ梨子」のママ・高木里佳子の新場面写真が解禁となった。

昨今の日本映画にはない熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画『孤狼の血』。物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。

役所広司演じる大上章吾と、江口洋介演じる“尾谷組”若頭・一之瀬守孝が常連の「クラブ梨子」。真木よう子演じるママの里佳子は、自身の店で“尾谷組”と敵対する“加古村組”の諍いが始まっても、まったく物怖じしない気丈な女性。常に着物を身にまとい、上品なイメージから、時には鮮やかなドレスで男性を魅了する里佳子。彼女は、常軌を逸した行動をとる大上(役所)の良き理解者の一人。

店では常に笑顔を絶やさない里佳子だが、劇中では激しい一面を見せるシーンも。ギラついた昭和の男達の世界で、女性としてのしなやかさを併せ持ちながら、強く・たくましく生き抜いていく女性を演じている。

そして今回解禁された場面写真では、艶やかに着物を着こなす姿に合わせて、周囲の静止を振り切り、どこかに駆けていく姿が…。物語が急展開する要因のひとつの重要なシーンで、里佳子本人も、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦に巻き込まれていく…。

真木本人も「私から見てもカッコいい男たちだらけの見応えある作品です。女性の皆さんにもぜひ観ていただきたいですね。」と語る、映画『孤狼の血』は5月12日(土)より全国ロードショー。

『孤狼の血』のあらすじ

物語の舞台は昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。

所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

(C)2018「孤狼の血」製作委員会

『孤狼の血』についての記事を読む

関連記事

『アウトレイジ』に対する東映の答え─『孤狼の血』の本予告が解禁
血まみれの松坂桃李にエリートな松坂桃李…『孤狼の血』場面写真5枚が解禁!
中村倫也の新境地!『孤狼の血』の「狂犬」永川の場面写真が解禁
白石組常連の音尾琢真が『孤狼の血』で全身刺青のヤクザに!場面写真4枚解禁
映画『孤狼の血』原作者・柚月裕子インタビュー「四拍子揃ったすごい映画になると確信」

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com