意外!?江口洋介が初めて極道を演じる『孤狼の血』新場面写真が解禁

5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』(配給:東映)より、江口洋介演じる尾谷組若頭・一之瀬守孝の新場面写真が解禁となった。

昨今の日本映画にはない熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画『孤狼の血』。物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。役所広司演じる大上章吾、松坂桃李演じる日岡秀一が所属する呉原東署と、対立する暴力団尾谷組。

江口洋介演じる尾谷組若頭の一之瀬は、役所広司演じる刑事の大上と懇意の仲。極道ながら刑事の大上の助言も聞き入れる冷静な一面も持ちながら、尾谷組の”シマ”を 執拗に荒らし続ける加古村組の行動に、「極道は顔でメシ食うとるんで」と静かに怒りを燃やす熱い側面も持ち合わせている。

尾谷組は伊吹吾郎演じる尾谷組長を筆頭に、“義理”と“人情”と“面子”を重んじる組。常に冷静な一之瀬だが、あるシーンでは、激しく荒ぶる姿も見ることができる。

「現場では「いま台本を超えているぞ」という手応えを何度も感じる瞬間がありました」と語る江口。 様々な役柄を演じてきた江口だが、本作がなんと初の”極道役“。「白石監督にとって、東映にとって、そして僕ら俳優にとって、新たな名刺 代わりの一本として皆さんに届けば嬉しいですね」と作品への意気込みも語っている。

『孤狼の血』のあらすじ

物語の舞台は昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。

所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

(C)2018「孤狼の血」製作委員会

『孤狼の血』についての記事を読む

関連記事

真木よう子が色気全開で魅せる昭和のママ!『孤狼の血』場面写真が解禁
白石組常連の音尾琢真が『孤狼の血』で全身刺青のヤクザに!場面写真4枚解禁
血まみれの松坂桃李にエリートな松坂桃李…『孤狼の血』場面写真5枚が解禁!
「コンプラって何!?」「控えめに言ってアウト!」『孤狼の血』をわかりやすく解説する動画が完成
『アウトレイジ』に対する東映の答え─『孤狼の血』の本予告が解禁

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com