『荒野の誓い』予告編・ビジュアル| クリスチャン・ベールが魅せる強烈な生きざま

【予告編・ビジュアル】
『荒野の誓い』
9月6日(金)新宿バルト9 ほか全国公開

クリスチャン・ベール主演、ロザムンド・パイク、ウェス・ステューディ共演の映画『荒野の誓い』より、予告編とビジュアルが解禁された。

本作は、『悪党に粛清を』『ある決闘 セントヘレナの掟』に続く、ウェスタン・ノワールの第3弾。『ブラック・スキャンダル』、『ファーナス/訣別の朝』のスコット・クーパーがメガホンを取る。

今回、伝説の陸軍大尉を演じるクリスチャン・ベールが強烈な生きざまで魅せる予告編と本ビジュアルが解禁。 スコット・クーパー監督が脚本執筆時にジョー役に当て書きしたというベールについて「彼には、この役が本当に宿っていた。 米国南西部で過ごした男らしい粗野な感じや、タフさが滲み出ていたよ」と語る通り、不本意ながらかつての宿敵を護衛する任務に就き、命がけの過酷な旅を続け、「神は長い間この辺りの状況が見えていない」と苦悩を口にする、長年闘いに 明け暮れてきた男の焦燥感を見事に体現するクリスチャン・ベールの姿が描き出されている。

ストーリー

1892年アメリカ。産業革命によって辺境の地が急速に開拓地や街へと変貌を遂げつつあるニューメキシコ州。インディアン戦争の英雄で、現在は看守を務める騎兵大尉のジョー・ブロッカー(クリスチャン・ベール)は、かつて宿敵関係にあり、寿命僅かなシャイアン族の長イエロー・ホーク(ウェス・ステューディ)とその家族を、部族の所有地があるモンタナ州へ護送する任務に就く。道中にコマンチ族の殺戮により家族を失ったトラウマを持つロザリー・クウェイド(ロザムンド・パイク)と出会い、彼女もこの一触即発の旅に加わることに。一行は厳しい辺境地をなんとか乗り越え、1,000マイルほど移動した頃、遂にお互いの協力なしでは生きていけない状況に陥ってしまう。果たして彼らは敵意と恐怖心を押し殺し、手を取り合い、目的地まで辿り着くことができるのだろうか。

公開情報

『荒野の誓い』
9月6日(金)新宿バルト9 ほか全国公開
出演:クリスチャン・ベール、ロザムンド・パイク、ウェス・ステューディ、ベン・フォスター、ティモシー・シャラメ
監督・脚本・製作:スコット・クーパー(『ブラック・スキャンダル』『ファーナス 訣別の朝』『クレイジー・ハート』) 撮影:マサノブ・タカヤナギ(『スポットライト 世紀のスクープ』) 2017/アメリカ/135分/英語・シャイアン/シネマスコープ/DCP5.1ch/原題:HOSTILES
配給:クロックワークス/ STAR CHANNEL MOVIES 提供:東北新社
© 2017 YLK Distribution LLC. All rights reserved.

他の記事も読む

関連記事

北欧からやってきた西部劇『悪党に粛清を』
地味にスゴイ!ウェスタン・ノワール『ある決闘―セントヘレナの掟―』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com