ウディ・ハレルソンを大絶賛!『LBJ ケネディの意志を継いだ男』コメント&写真が独占解禁

ⓒ 2016 BROAD DAYLIGHT LLC ALL RIGHTS RESERVED.

名匠ロブ・ライナー監督がウディ・ハレルソン主演で贈る、新たな政治ドラマ『LBJ ケネディの意志を継いだ男』が、10月6日(土)より全国公開。キャスト&監督のコメントと写真がシネマズ独占で解禁された。

ⓒ 2016 BROAD DAYLIGHT LLC ALL RIGHTS RESERVED.

1963年11月22日。ケネディ大統領暗殺直後、わずか98分でアメリカ大統領に就任したリンドン・B(べインズ)・ジョンソン(LBJ)。ケネディ亡き後に大統領になった男は、それまで“誰にも注目されなかった南部出身の田舎者、ガサツで無礼な男”だった―のちに「公民権法」を成立させ、アメリカ史上最も多才な大統領の一人として評されたジョンソン大統領だが、その功績は、北東部出身のエリートで人気者のジョン・F・ケネディの影に隠れていた。“誰にも注目されなかった男”から突然<国を動かす男>になり、激動の人生を歩んだLBJを演じるのは、近年『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で注目を浴び、スパイダーマンの続編『ヴィラン』に出演が決定しているウディ・ハレルソン。本作では、アカデミー賞を3度受賞した経験を持つ特殊メイクスタッフによって本人そのものに変身。他、アカデミー賞ノミネート俳優のリチャード・ジェンキンスや、ジェニファー・ジェイソン・リー等、豪華な顔ぶれも出演する。

ⓒ 2016 BROAD DAYLIGHT LLC ALL RIGHTS RESERVED.

主演を務めたウディ・ハレルソン、いぶし銀なジョンソン大統領役を演じ、本国での公開当時はTIME誌、ELLE、ニューヨーク・デイリーなど、多数の海外メディアが彼の演技を大絶賛。しかしその演技はメディアだけでなく、アカデミー賞ノミネート俳優&監督も魅了していた事が明らかになった。

ⓒ 2016 BROAD DAYLIGHT LLC ALL RIGHTS RESERVED.

『シェイプ・オブ・ウォーター』、『扉をたたく人』で助演&主演男優賞にノミネートされた ベテラン俳優リチャード・ジェンキンスは、「私はものまね演技には興味がない、ジョンソン役にも言える事だ。だがウディの演技には惹かれたよ。」とウディを高く評価。またロブ・ライナー監督は、本作の製作にあたり最も興奮したのは、ウディ・ハレルソンが ジョンソン役を承諾したときだったとコメント。「ウディ・ハレルソンは、アメリカで最高の俳優のひとり、ジョンソンという男が気性の粗いおじさん大統領だったとしても、人間らしさをしっかりと感じる事ができる。なぜなら、ウディ自身がとても良い人だからね。」と褒め、新作「Shock and Awe(原題)」でウディを再び主演に起用、俳優としても人間としても彼に熱を上げている様子。

ⓒ 2016 BROAD DAYLIGHT LLC ALL RIGHTS RESERVED.

一方でウディ本人はというと、大統領役というプレッシャーに悩まされていた事が判明。「YouTubeで検索して、どのくらい再現できているか確認する事のできる人物を演じるのは、重大な責任がある。 だから、撮影前はすごく怖かったし、恐怖感を抑えるのに2週間かかった。」絶賛の演技の裏側には、知られざる苦悩があった事を打ち明けた。

ストーリー概要

民主党の大統領候補として名乗りを上げたリンドン・B・ジョンソン(ウディ・ハレルソン)だが、大統領予備選挙で、党の大統領候補に選出されたのは若きライバル、上院議員のジョン・F・ケネディ(ジェフリー・ドノヴァン)だった。ケネディの副大統領候補になることに同意したジョンソンだったが、就任して直ぐに、副大統領の執務が国政の蚊帳の外に置かれていることに気付く。1963年11月22日、ケネディが暗殺され、ジョンソンは第36代アメリカ大統領に就任する。国民がケネディの死を嘆くなか、ジョンソンはケネディの遺志を尊重して公民権法を支持。すると長い間敵対していた司法長官のロバート・F・ケネディ(マイケル・スタール=デヴィッド)や、 師弟関係にあるジョージア州の上院議員リチャード・ラッセル(リチャード・ジェンキンス)と対峙する―

関連記事

『ハン・ソロ/スター・ウ​ォーズ・ストーリー』の秘密を握る悪党たちの特別映像が解禁!
溢れるスターウォーズ愛で『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の見どころを語る
アカデミー賞特集 助演男優賞編:バイプレーヤーたちの頂上決戦

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com