Google Earthで故郷を探した実話を映画化『LION/ライオン』本予告解禁

インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで生まれ故郷を探すという実話を映画化する『LION/ライオン ~25年目のただいま~』の本予告映像が解禁となった。

映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』本予告映像

LION/ライオン ~25年目のただいま~ 仮メイン

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー(デヴ・パテル)。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩を踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった“ただいま”を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手がかりはおぼろげな記憶と、Google Earth。1歩近づくごとに少しずつ蘇る記憶のカケラは、次第にこれまで見えなかった真実を浮かび上がらせていく。大いなる「探し物」の果てに、彼が見つけたものとは――

LION/ライオン ~25年目のただいま~ メイン

映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』は、インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで生まれ故郷を探すという実話を映画化する作品。

主人公の青年サルーをデヴ・パテルが演じるほか、彼の恋人ルーシーをルーニー・マーラ、彼の育ての母をニコール・キッドマンらが演じる。製作は『英国王のスピーチ』のイアン・カニング、メガホンをとるのはガース・デイヴィス監督。第89回アカデミー賞にて作品賞、助演男優賞(デヴ・パテル)、助演女優賞(ニコール・キッドマン)、撮影賞、脚色賞、作曲賞の計6部門にてノミネートされされるなど、世界的にも注目を集めている。

このたび本作の本予告が解禁となった。

予告映像では、わずかな記憶とGoogle Earthを頼りに生まれ故郷を探しはじめるサルーや、幼いサルーがインドのスラム街で懸命に生き抜こうとする姿、大人になりオーストラリアの地で自分のルーツを必死に探し求め続ける姿など、過去と未来を行き来しながら次第に真実が明らかとなる様子が描かれている。

映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』は2017年4月7日(金)より、TOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー。

(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

関連記事

わずかな記憶と、Google Earthで“我が家”を探す旅『LION/ライオン』
『ラ・ラ・ランド』と『ブロードウェイ♪ブロードウェイ』は夢を追う人々の物語
ベン・ウィショーのカメオ出演シーン!映画『王様のためのホログラム』特別映像
海底油田爆発事故の実話を映画化!『バーニング・オーシャン』特報映像解禁
これを観ておくと『ラ・ラ・ランド』がさらに楽しめる!10の映画

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com