『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』日本公開決定&ポスター解禁!

【公開情報・日本版ポスター】
『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』
2020年1月3日(金)、TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

シニカルラブコメディ『LONG SHOT』が、『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』の邦題で日本公開が決定し、日本版ポスターが解禁された。

シンデレラストーリーを夢見るのはもはや女性だけではない!?本作は、『プリティ・ウーマン』の男女逆転版ともいえる話題作。国務長官のシャーロットを演じるのは、オスカー女優のシャーリーズ・セロン。これまでのイメージを覆し、コメディエンヌとしての才能を開花させている。

一方、“高嶺の花”であるシャーロットに憧れを抱く、うだつが上がらないジャーナリストのフレッドを演じるのは、『40歳の童貞男』や『ソーセージ・パーティー』で知られる人気コメディ俳優のセス・ローゲン。2人は製作に名を連ねるだけでなく、5年にわたって脚本の練り直しにも参加した。

脇を固める俳優陣も、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』シリーズをはじめとする個性派俳優のアンディ・サーキス、『ターザン:REBORN』のアレクサンダー・スカルスガルド、「ブレイキング・バッド」シリーズのボブ・オデンカーク、オシェア・ジャクソン・Jr(アイス・キューブの息子)などバリエーション豊か。監督は『50/50 フィフティ・フィフティ』で高い評価を受けたジョナサン・レヴィン。現代社会を上手く背景に置きながら、“笑って”、“恋する”珠玉のシニカルラブコメディとなっている。

セス扮するフレッドとシャーリーズ扮するシャーロットは見た目はもちろんのこと、性格や立場からみても到底釣り合わない2人。しかし、「無職でアウトロー。金なし、地位なし、ファッションセンスなし」のルーザー(=負け犬)ジャーナリストは、高嶺の花へ無謀な恋心を実らせてしまう。さらに「脳みそカラッポ大統領」(ボブ・オデンカーク)、「超ハイスペなカナダ首相」(アレクサンダー・スカルスガルド)、「メディア王&セクハラ王」(アンディ・サーキス)といったクセの強すぎるサブキャラたちも巻き込み、2人の恋はありえない結末へと進んでいく。

ストーリー

アメリカの国務長官として活躍する才色兼備なシャーロット・フィールド。大統領選への出馬を目前にして、ジャーナリストのフレッドに、選挙のスピーチ原稿作りを依頼する。常に世間から脚光を浴びるシャーロットと共に行動するうちに、高嶺の花と知りながら恋に落ちるフレッドだったが、越えなければならない高いハードルがいくつも待ち受けるのだった…。

公開情報

『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』
監督:ジョナサン・レヴィン(『50/50 フィフティ・フィフティ』『ウォーム・ボディーズ』) 脚本:ダン・スターリング、リズ・ハンナ(『ペンタゴン・ペーバーズ/最高機密文書』)/原案:ダン・スターリング
出演:シャーリーズ・セロン、セス・ローゲン、オシェア・ジャクソン・Jr、アンディ・サーキス、アレクサンダー・スカルスガルド
原題:LONG SHOT/2019/アメリカ/カラー/英語/上映時間:125分/シネマスコープ/字幕翻訳:アンゼたかし/5.1ch/PG12 配給:ポニーキャニオン 提供:ポニーキャニオン/アスミック・エース
© 2019 Flarsky Productions, LLC. All Rights Reserved.
http://longshot-movie.jp
他の記事も読む

関連記事

アクション、ヌード、坊主まで!シャーリーズ・セロンて最強女優じゃない?
ミステリアスなタリーの正体はネタバレ厳禁!この夏観たい女性を元気にする2つの映画を紹介

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com