ベストセラー小説の映画化『ルイの9番目の人生』書き下ろしマンガが解禁!

(C)2015 Drax (Canada) Productions Inc./ Drax Films UK Limited.

9年間で9度死にかけた少年ルイは一体何者なのか?謎多き少年の真実に迫る、衝撃の心理サスペンス『ルイの 9 番目の人生』が2018年1月20日(土)に公開される。

その本作の“あらすじ“を、人気イラストレーター”死後くん“が独特のタッチで紹介する書き下ろしイラストが解禁された。

わずか9年間で9度も死にかける大事故に見舞われ、昏睡状態となった少年ルイ。なぜ彼は、これほどまで に不運な星の下に生まれたのか。眠り続ける彼の周囲で、奇妙な事件が相次ぐのは何故なのか。謎が明らかになるにつれ、神秘のベールが一枚また一枚と剥がされていく。そして謎めいた少年の心の闇にひとすじの光が差し込むクライマックス、そこには想像を絶する“驚愕の真実”が待っている―

この度、本作のストーリーを元にマンガを描いたのは、雑誌『POPEYE』(マガジンハウス)、『おやすみ日本』(NHK)、せきしろ著『海辺の週刊大衆』(双葉社)、『天久聖一の世論島』(朝日新聞デジタル)等々、紙媒体を初め、TV、Web など様々な媒体で活躍し、マンガ『I My モコちゃん』を玄光社より出版する人気イラストレーター、死後くん。

「ペンネームが縁起悪い」との理由で仕事が決まらないことが多々あるなど、その名前のイメージからして本作の「不運な星の下」に生まれたルイを描けるのは死後くんしかいない!という経緯で<マンガであらすじ「ルイの9番目の人生」>が誕生した。

クリックで拡大表示できます。

マンガではルイの数奇な人生に起きた出来事や関わる人たちを、ルイ本人の目線で解説。本作のオープニングに出てくる幻想的なクラゲのバックや、崖から転落するルイが「さすがにこれは助からないかも…」と劇中にはないつぶやきなど、死後くんオリジナルの表現が随所にちりばめられ、最後には、黒い謎の物体も登場。

ルイの話しすぎを制止するなど、ますます謎が深まる展開に。本作を見る前も、そして見た後も楽しめるマ
ンガは、冬頃より劇場にて配布されるチラシにて公開予定だ。

他のニュース記事も読む

ストーリー

愛らしくて賢い少年ルイ・ドラックスの人生は、まるで何かに呪われたようだった。ひどい難産の末にこの世に生を受けたルイは、それから毎年必ず危険な事故に遭い、幾度となく生死の境をさまよってきたのだ。

そして9歳の誕生日に海辺の崖から転落した彼は、奇跡的に命を取り留めたものの意識不明の重体に陥ってしまう。担当医のパスカルは昏睡状態のルイを救うためにあらゆる手を尽くすが、父親ピーターは行方不明となり、母親ナタリーのもとには差出人不明の警告文が届く。

さらにパスカルも恐ろしい悪夢にうなされ、ルイの身近な人々や関係者に次々と不可解な出来事が降りかかる。

とても偶然とは思えないそれらの現象は、悪意を持つ何者かの仕業なのか。事故や事件に巻き込まれ続ける少年ルイとは一体何者なのか?すべての鍵を握るルイが病院のベッドで眠り続けるなか、この謎に満ちた少年の秘密を解き明かそうと苦闘するパスカルは、予想だにしなかった衝撃的な真実に迫っていくのだった……。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com