ABBAの大ヒットナンバー満載!『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』日本版本予告が解禁に

© Universal Pictures

2008年に製作された大ヒットミュージカル映画『マンマ・ミーア!』の10年ぶりの続編となる『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』。8月24日から公開されるこの作品の日本版本予告とポスタービジュアルが解禁となった。

伝説のグループABBAのヒット曲で構成され、全世界でロングランヒットを記録した舞台の映画化である2008年の映画『マンマ・ミーア!』。花嫁のソフィ(アマンダ・セイフライド)が、ヴァージンロードをパパと一緒に歩きたいと、シングルマザーのドナ(メリル・ストリープ)に内緒で、結婚式に自分の父親かもしれない母親の元恋人3人を招待したことで巻き起こる大混乱を描いたミュージカル・ラブコメディで、ミュージカル映画歴代2位となる全世界興収6億ドル突破(Box Office Mojo調べ)と大ヒットを記録した。

その前作から10年を経て、続編となる『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』が8月24日(金)から公開される。
キャストには前作に続きオリジナルメンバーが勢ぞろい。ドナ役にはアカデミー賞受賞のメリル・ストリープ、ソフィ役にアマンダ・セイフライドはもちろん、ソフィの父親候補である3人:サム役にピアース・ブロスナン、ビル役にステラン・スカルスガルド、ハリー役をコリン・ファースがそれぞれ演じている。またドナの親友ロージー役にジュリー・ウォルターズとターニャ役にクリスティーン・バランスキー、ソフィの恋人スカイ役にドミニク・クーパーと、豪華な面々が再び集結している。

さらに、前作のキャストに加え、若き日のドナ役にリリー・ジェームズ(『シンデレラ』『ベイビー・ドライバー』)が抜擢されている。彼女が出会う3人の男性、若き日のサム役をジェレミー・アーヴァイン(『戦火の馬』)、若き日のビル役をジョシュ・ディラン(『マリアンヌ』)が、若き日のハリー役をヒュー・スキナー(『マッド・ドライヴ』)が演じている。また若き日のロージー役をアレクサ・デイヴィーズ(『僕と世界の方程式』)、ターニャ役をジェシカ・キーナン・ウィン(『Broadway’s Beautiful』)がそれぞれ熱演。さらにソフィの祖母としてシェール(『バーレスク』)の姿も…。

前作のオリジナルキャストの登場はもちろん、今をときめく新たな豪華顔ぶれが揃い、ギリシャの美しいカロカイリ島を舞台に「ダンシング・クイーン」をはじめとするおなじみのABBAの大ヒットナンバーと、前作には登場しなかったABBAの名曲の数々で新しい物語が紡がれる。

日本オリジナル版となる本予告映像は「ママ、大好きよ」と結婚式でウェディング姿の娘・ソフィと母・ドナの強い絆から映像は始まり、より母と娘の深い愛と絆が描かれている映像となっている。「ママと(パパたち)の出会いは?」というソフィの一言で映像はドナの青春時代へタイムスリップ。
スーツケースをもって世界へと飛び出すドナ。そこで出会う三賢人、サム、ビル、ハリー。この出会いからすべて始まり、今へとつながる。そして、未来へ…。ドナの過去の物語の全貌が明らかになる。

【予告編注目ポイント】
① 母・ドナと娘・ソフィの強い絆。受け継がれる深い愛と絆の物語。
② スーツケースを持って世界へと飛び出すドナ。ここでの出会いからすべてが始まり、現在、そして未来へ。ドナ(メリル・ストリープ)の青春時代の全貌が明らかに!?
③ 約35年ぶりの再結成も記憶に新しいABBA。「マンマ・ミーア」、「ダンシング・クイーン」、「恋のウォータールー」など、彼らの珠玉のナンバーの数々も健在。

関連記事

あの『マンマ・ミーア!』が帰ってくる!『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』8月日本公開決定!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com