あの“魔法使い”が帰ってくる!『メリー・ポピンズ リターンズ』2019年2月1日に公開決定

©2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

1964年公開の映画『メリー・ポピンズ』が新しいオリジナル・エンターテイメント作品として、『メリー・ポピンズ リターンズ』の邦題で2019年2月1日(金)に日本公開されることが決定。あわせてエミリー・ブラントが演じるメリー・ポピンズのビジュアルを使用したティザーポスターが完成した。

ウォルト・ディズニーがそのヒロイン像に惚れ込み、最も映像化を望んだと言われるP.L.トラヴァースの小説「メリー・ ポピンズ」。ディズニー・スタジオ製作で1964年に公開され、実写とアニメーションを織り交ぜた革新的な映像と印象的な音楽やダンスで観る者の心を掴み、アカデミー賞13部門ノミネート、5部門を受賞し、今もなお世界中で愛され続けている。今回、そのディズニーの伝統とも言える「メリー・ポピンズ」を新しいエンターテイメント作品として映像化したのは、前作の大ファンであると公言するロブ・マーシャル監督。舞台演出家、そして振付師であると同時に、『シカゴ』『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』『イントゥ・ザ・ウッズ』などヒット作を手掛けてきた彼が描くメリー・ポピンズの世界に注目が集まる。

主人公のメリー・ポピンズをエミリー・ブラントが演じるほか、ブロードウェイミュージカルでさまざまな役割を兼務することで広く知られ、ピューリッツァ賞、トニー賞、グラミー賞に輝き、ディズニー作品『モアナと伝説の海』では作曲・歌を担当したリン=マニュエル・ミランダが、街灯点灯夫でメリーの古くからの仲間のひとりジャックを演じる。さらに、コリン・ファース、メリル・ストリープ、ベン・ウィショーなどハリウッドを代表する実力派キャストが名を連ね、前作でバート役を演じたディック・ヴァン・ダイクも再出演。また、新曲を含む音楽を、グラミー賞とトニー賞受賞のマーク・シェイマン(『ヘアスプレー』)と、トニー賞受賞者でエミー賞に3度のノミネート経験を持つスコット・ウィットマン(『ヘアスプレー』)が担当する。

お披露目されたティザービジュアルは、赤い帽子を目深にかぶった主演のエミリー・ブラントが演じるメリー・ポピンズの姿が切り取られており、「彼女の魔法は、美しい」というコピーと共に、容姿だけではなく、生き方そのものが美しいメリー・ポピンズの凛々しさが匂いたつ1枚に仕上がっている。

映画『メリー・ポピンズ リターンズ』は、2019年2月1日(金)より全国ロードショー。

ストーリー概要

今回の物語の舞台は、前作から20年後。バンクス家の長男マイケル・バンクスは、今では家族を持つ親となり、父や祖父が働いていたロンドンのフィデリティ銀行で臨時の仕事に就いていた。しかし、大恐慌時代のロンドンでは金銭的な余裕がなく、更にマイケ ルは妻を亡くしたばかりで家の中も常に荒れ放題。バンクス一家は窮地に追いやられていた。そんな中、さらに追い打ちをかけるよう に融資の返済期限切れで家を失うピンチ! そのとき、あの“ほぼ完璧な魔法使い”メリー・ポピンズが風に乗って彼らの元に舞い降りる!20年前と1ミリも変わらぬ容姿の彼女が起こす奇跡で、バンクス一家は幸せを取り戻すことができるのか――。

関連記事

【決定版】タイプ別ミュージカル映画オススメ25選!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com