何にだってなれる!マット・デイモン七変化 主演映画まとめ!

(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

人類を救う大発明—。それは人間を13cmにダウンサイズすることだった!一度しかない人生、もし大金持ちで大豪邸に住めるチャンスがあるとしたらあなたはどうする?

そんな全人類の「夢」を、ユニークなアイデアで描き全世界が称賛。本当にダウンサイズが実現したら、こんな世界になるに違いないという圧倒的リアリティと、現代社会を風刺した“実は”深いテーマに、海外批評家やジャーナリストからも高い評価を獲得し、大きな注目を集めている映画『ダウンサイズ』が、2018年3月2日(金)よりいよいよ日本公開となる。

『オデッセイ』で、火星からの奇跡的な生還を果たしたマット・デイモンが、今度は13cmの手のひらサイズになり、よりよい暮らしを求めてミニチュアの世界に飛び込んでいく男を演じる。

(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

そんなマットは、今回のペインからのオファーについて「世界中の俳優がペイン監督と仕事をしたいと思っているよ。もし電話帳の役を頼まれたら、電話帳だって演じるよ。この作品は、とにかく脚本が美しく、素晴らしい。オリジナリティに溢れてユニークなんだ。映画は、人々に共感を伝えるのに最高のツールだと僕は信じている。自分とは違う人生だけれど、共感を抱くキャラクターを演じられるのは素晴らしいことだ。」と、並々ならぬ想いでポールという役に向き合ったことを明かしている。

そこで今回はさまざまな役柄で数々の名演技を披露してきた歴代のマット・デイモン主演映画をピックアップ。ちょっとひねりのあるキャラクターも細かに演じ分ける<マット・デイモン七変化>をぜひご覧になっていただきたい。

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1998)
実は天才的頭脳の持ち主である非行青年!

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち (字幕版)
深い心の傷を負った天才青年ウィルと、同じく失意の中にいた精神分析医のショーンがお互いにあらたな旅立ちを自覚して成長してゆく姿を描く感動のヒューマン・ドラマ。幼い頃から天才ゆえに周囲から孤立していたウィル(マット・デイモン)が少しずつショーン(ロビン・ウィリアムズ)に心を開き、笑顔を増やしていく様に心打たれる。本作でのマットは俳優としてだけでなく脚本家としても活躍し、共同執筆者であり親友ベン・アフレックと共に第70回アカデミー賞脚本賞を受賞した。

『インビクタス/負けざる者たち』(2010)
黒人大統領を支える善良なラグビーキャプテン!

インビクタス 負けざる者たち (字幕版)
名匠クリント・イーストウッド監督が、反アパルトヘイト運動に尽力し、南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)と、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種や立場の壁を越えた絆を描いた感動のドラマ。ベテラン俳優モーガン・フリーマンと当時若手俳優のマット・デイモンによるW主演となっている本作。新旧の名優たちが重厚さとフレッシュさを織り交ぜながら演じる様子は、劇中で黒人大統領と白人キャプテンが、国の一体化を目指し二人三脚で優勝を目指す姿に重なり、さらなる感動を呼び起こす。

『ボーン』シリーズ(2003~2016)
記憶をなくした超エリート諜報部員!

ボーン・シリーズ ベストバリューDVDセット
作家ロバート・ラドラムによる「暗殺者」を映画化した大人気シリーズ!記憶喪失に苦しむ元CIA暗殺者のジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が、姿の見えない組織から命を狙われながら、体が覚えている戦闘術を頼りに自分を捜していく姿が描かれる。CGIを用いた作品が増え始めた当時の映画とは対照的にリアリティ溢れる描写に終始された本作。劇中では、撮影前より特訓に励んだマットの肉体美が激しいアクションシーンによって惜しげもなく披露され、女性だけでなく世界中の男性までもを虜にした。

『オデッセイ』(2016)
火星に取り残された宇宙飛行士!

オデッセイ(字幕版)
火星で死亡したと思われた宇宙飛行士が実は生きていることが発覚!主人公マーク・ワトニー(マット・デイモン)の必死のサバイバルと彼を助けようとするNASAや乗組員たちの奮闘が描かれる。絶体絶命の状況であるにも関わらず、植物学者の知識を生かして、火星産オーガニックポテトの栽培に挑戦するなど、個性的な主人公によって破天荒な展開が目白押しの本作。悲壮感漂う熱演を見せるわけでなく、あえて一種の開き直りにも似たチャレンジ精神を持つフランクな主人公を好演したマットの演技に絶賛の声が集まりまった。『ダインサイズ』で妻役を演じたクリステン・ウィグは、本作ではNASAの広報統括責任者として間接的に共演。

『グレートウォール』(2017)
伝説の怪物から万里の長城を守る西洋人!

グレートウォール(字幕版)
世界的な建造物である万里の長城を題材にしたアクション。その建造に秘められた目的と戦いを、壮大なスケールで活写する。万里の長城を守る禁軍という部隊に捕われてしまった旅人の傭兵ウィリアム(マット・デイモン)は、伝説の獣・饕餮との戦いに巻き込まれていくが、やがて城を守るために命を懸ける禁軍の信念に感銘を受けていく。万里の長城で活躍する西洋人という異彩を放つ設定で描かれる国境と言葉を超えた絆に感動すること間違いなし。

(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画『ダウンサイズ』は、2018年3月2日(金)より日本公開。

関連記事

『ダウンサイズ』、ミニチュア生活に胸が高鳴る本編映像が先行解禁!
『ダウンサイズ』本予告&新場面写真解禁!マット・デイモン身長13cmに!
マット・デイモンの身長は13センチ!?映画『ダウンサイズ』の特報&ポスター完成!
2018年の大作映画のキーワードは“想像力”と“作家性”か?注目大作をピックアップ

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com