マーク・ウォールバーグ×ピーター・バーグ監督、4度目のタッグ!『マイル22』2019年1月に公開へ

© MMXVIII STX Productions, LLC. All Rights Reserved.

マーク・ウォールバーグとピーター・バーグ監督の4度目のタッグ作『MILE22』が『マイル22』の邦題で2019年1月に公開されることが決定し、ティザービジュアルが解禁された。

先週8月17日(金)に全米公開され、大ヒット中のジェイソン・ステイサム主演作『MEG ザ・モンスター』に次ぐ3位発進となった本作。『ローン・サバイバー』『バーニング・オーシャン』『パトリオット・デイ』でタッグを組んできたマーク・ウォールバーグとピーター・バーグ監督の4度目のタッグ作となる。

世界を揺るがすある危険な“物質”が盗まれた。その行方を知る重要参考人から情報を聞き出すため、インドネシアからアメリカへ脱出をさせることになる。しかし、この重要参考人殺害を狙う武装勢力に行く手を阻まれ、脱出は不可能な状況にあった。ジェームズ・シルバ率いるCIA機密特殊部隊は、全方位集中砲火の中、インドネシアのアメリカ大使館から空港までの22マイル(35.4Km)を護衛する究極のミッションに挑む。

主人公のジェームズ・シルバをマーク・ウォールバーグが演じるほか、護送される重要参考人リー・ノアー役を『ザ・レイド』シリーズや『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』などのイコ・ウワイス、ジェームズと共に特殊部隊員としてミッションに挑むアリス・カー役を「ウォーキング・デッド」で知られるローレン・コーハン、同じく隊員のサム・ショウ役を『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』『ワイルド・スピード SKY MISSION』などのロンダ・ラウジー、シルバたちを援護する部隊の司令官ビショップ役をジョン・マルコヴィッチが演じる。

映画『マイル22』は、2019年1月に新宿バルト9ほか全国ロードショー。

ストーリー概要

世界を揺るがす危険な物質が盗まれ、その行方を知る男リー・ノアー(イコ・ウワイス)が見つかった。重要参考人として保護されるが、彼を抹殺するため、多数の武装勢力が送りこまれていた。彼を国外に脱出させるためジェームズ・シルバ(マーク・ウォールバーグ)率いるCIAの機密特殊部隊はインドネシアのアメリカ大使館から空港までの22マイル(34.5km)を護衛する究極のミッションに挑むのだが…。全方位集中砲火の中、彼らは無事に脱出をすることができるのか!?

関連記事

『パトリオット・デイ』が見せるテロの惨劇と、人間の叡智
災害の多い日本人は『バーニング・オーシャン』のようなパニック映画は見ておくべきだ!
バトルシップロスな方におすすめの映画15選!
なぜそれを選んだし! 「そういえばこれもクリスマス映画じゃね?」作品を選んでみた

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com