ハル・ベリー×ダニエル・クレイグ『マイ・サンシャイン』公開決定!ティザービジュアル&特報も解禁

©2017 CC CINEMA INTERNATIONAL–SCOPE PICTURES–FRANCE 2 CINEMA-AD VITAM-SUFFRAGETTES

デビュー作『裸足の季節』がアカデミー賞®外国語映画賞にノミネートされたデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督の最新作「Kings」が、邦題『マイ・サンシャイン』として、12月15日(土)に公開決定。ティザービジュアルと特報が解禁された。

©2017 CC CINEMA INTERNATIONAL–SCOPE PICTURES–FRANCE 2 CINEMA-AD VITAM-SUFFRAGETTES

本作では、アカデミー賞®受賞女優ハル・ベリーと『007』シリーズのジェームス・ボンド役で圧倒的人気を誇るダニエル・クレイグによる奇跡のタッグが実現した。1992年、LA・サウスセントラル。家族と暮らせない子供たちを育てるミリー(ハル・ベリー)。貧しいけれども、ミリーの愛情は光に溢れ、誰もが居場所を見つけていた。隣人オビー(ダニエル・クレイグ)は騒々しいミリーたち家族に文句をつけながらも、実は彼らを見守っている。しかし、黒人が犠牲になった事件に対する不当な判決が出たことにより、LAで暴動が始まり、ささやかに暮らしていたはずの彼らの生活にも変化が訪れる…。

貧しいながらも愛に溢れる日々をおくる血のつながらない家族と、1992年世界に衝撃を与えた大事件“ロサンゼルス暴動”。一見交わらないふたつを瑞々しい視点で描き出した。

解禁されたティザービジュアルは、「何よりも大切な家族。私の太陽。」という言葉とともに、子供たちを抱きしめ共にいる喜びに満面の笑顔を見せるミリーの姿が目を引く。対照的に呆然と一人何かを見つめるオビー、彼の目線の先に1992年のサウスセントラルの現実が浮かび上がる。

特報では、優しく子供達に声をかけるミリーや、涙を浮かべる子供を前に不慣れながらも必死に励まそうとするオビーの姿が映し出される。家族といればそれだけで幸せだった。無邪気に笑いあう子供達の姿から一転、鉄バットで標識を破壊する男やサイレン、銃声が響き渡る。一体、この街で何が起ころうとしているのだろうか。暗雲立ち込める中に「ただ、一緒にいられれば、それだけでよかったのに——。」という言葉と何かを必死に追い求めるミリーの姿が映る。

関連記事

『キングスマン:ゴールデン・サークル』日本版ポスター到着!“クレイジー・アクション&ポップ”な監督絶賛の仕上がり
悪役にムカつくけど最後はスカッとする映画3

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com