あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2018-04-26

ニュース

河瀨直美監督 最新作『Vision』本予告&メインビジュアルが解禁!



©2018“Vision”LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.



2018年6月8日(金)に公開される河瀨直美監督の最新作『Vision』の本予告とメインビジュアルが解禁された。

ジュリエット・ビノシュと永瀬正敏をW主演に迎え、河瀨直美監督の生まれ故郷である奈良県を舞台にした本作。幻の薬草“Vision”を探し求めるフランスの女性エッセイスト、ジャンヌにジュリエット・ビノシュ、奈良・吉野の山間で生活する山守・智を永瀬正敏が演じるほか、智の前に突然現れる謎の青年・鈴に岩田剛典、ジャンヌのアシスタントに美波、山を守る猟師の岳に森山未來、同じく猟師の源に田中泯(特別出演)、自然と共存しながら森で暮らす女・アキに夏木マリが扮している。



本予告は、全編ロケを敢行した奈良県吉野の神秘的な森を舞台に、涙を流して苦悶の表情を浮かべる鈴(岩田)に「なんでだよ?答えろよ…」と智(永瀬)が問いかけるシーンから始まる。そして、物寂しげな目で口数も多くない智が、森の異変を感じ取ったことを語る場面や、謎の青年・鈴が森に迷い込むシーンなどが映し出され、アキ(夏木)がジャンヌ(ビノシュ)に「やっと会えたな…」と以前から知っていたかのように彼女に語りかけ、その語りかけに呼応するようにジャンヌが一筋の涙を流すシーンで締めくくられている。

また、同時に解禁されたメインビジュアルは、「世界は、うつくしい」というキャッチコピーと共に、ジャンヌと智、鈴、アキが、吉野の森にそびえ立つ1本の大木に寄り添うように並んでいる。デザインは、アートディレクターの森本千絵が務め、河瀨直美監督の『Vision』の世界観が表現されたビジュアルとなっている。

『Vision』は、2018年6月8日(金)より全国ロードショー。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録