『名もなき生涯』2月21日公開決定&予告編|人間の真実と尊厳に迫る!

【予告編】
『名もなき生涯』
2020年2月21日、日本公開

『シン・レッド・ライン』(1998)『ツリー・オブ・ライフ』(2011)で知られる巨匠テレンス・マリック監督最新作『A Hidden Life』が、邦題『名もなき生涯』として2020年2月21日より公開決定。予告編が解禁された。

五感を揺さぶる唯一無二の映像体験によって観る者を別次元へと誘い、今や生ける伝説と呼ばれる映画監督テレンス・マリックが、46年のキャリアの中で初めて実在の人物を描いた本作は、第72回カンヌ国際映画祭において「人間の内面を豊かに描いた作品」に贈られるエキュメニカル審査員賞を見事に受賞。

第二次世界大戦時のオーストリアに実在した、ヒトラーへの忠誠を拒絶し自らの信念に殉じた一人の農夫フランツを演じるのは、『イングロリアス・バスターズ』(09)のアウグスト・ディール。美しい村でフランツや娘たちと暮らす妻フランチスカには『エゴン・シーレ 死と乙女』のヴァレリー・パフナー(16)。そして本作が遺作となった、ドイツ映画界最高峰の名優ブルーノ・ガンツが、判事役でスクリーンに厳粛で深い感動をもたらす。

ストーリー

第二次世界大戦時、ヒトラーへの忠誠を拒絶し、ナチスに加担するより自らの信念に殉じた一人の農夫がオーストリアに実在した。彼の名はフランツ(アウグスト・ディール)、山と谷に囲まれた美しい村で、妻のフランチスカ(ヴァレリー・パフナー)と3人の娘と暮らしていた。戦火が激化し戦争に駆り出された彼は、ヒトラーへの忠誠を頑なに拒む。直ちに収監され裁判を待つフランツを、フランチスカは手紙で励ますが、彼女自身も村でひどい仕打ちを受け始める──。

公開情報

『名もなき生涯』
■監督:テレンス・マリック(『ツリー・オブ・ライフ』)
■キャスト:アウグスト・ディール、ヴァレリー・パフナー、ブルーノ・ガンツ ほか
■原題:A Hidden Life ■全米公開:2019年12月13日(予定)
■配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
■公式サイト:namonaki-shogai.jp
■コピーライト:(C)2019 Twentieth Century Fox
■Twitter:twitter.com/foxsearchlightjp
■Facebook:facebook.com/FoxSearchlightJP
■Instagram:instagram.com/foxsearchlight_jp
他の記事も読む

関連記事

『聖杯たちの騎士』の奥に潜む『8 1/2』的な愛と映画の迷宮

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com