「俺、やっぱり…」映画『ナラタージュ』有村架純の表情に引き込まれる劇中シーンが解禁

10月7日(土)より封切りとなった、松本潤主演映画『ナラタージュ』。この度、有村架純演じる泉が、坂口健太郎演じる小野から告白される劇中映像が解禁となった。

ナラタージュ 有村架純 坂口健太郎 ハグ

このニュースのポイント

・『ナラタージュ』の劇中映像が解禁
・解禁されたのは、泉(有村架純)に小野(坂口健太郎)が告白するシーン

『ナラタージュ』についての記事を読む

本作は、高校教師と生徒として出会った二人が、時が経ち再会した後、決して許されはしない、けれど、一生に一度しか巡り会えない究極の恋に落ちる大人のための恋愛映画。

公開するや、SNSでは「とにかく切ない」「切なくて胸がギュッとなりました」「好きな人を思い出し、思わず涙してしまった」「実体験と重なりすぎててエンドロール過呼吸になるレベルで泣いた」と、不器用に恋をする姿に心を揺さぶられたという声が続出している。

ナラタージュ 有村架純 坂口健太郎

許されない恋に悩みながらも思いに抗えない高校教師・葉山役を演じるのは、松本潤。葉山を全身全霊で愛する工藤泉役を、有村架純が扮する。そして、泉に想いを寄せ、一度は恋人になるも、葉山を忘れられない泉への恋心と嫉妬に揺れる大学生・小野怜二役として、坂口健太郎が務めた。

ナラタージュ 坂口健太郎

孤独だった高校時代、泉を救った教師・葉山。卒業式の日の誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉は、再会により気持ちが募っていく。しかし、葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。そこで、葉山を忘れようとした泉は、自身に想いを寄せる小野と付き合うことに…。

今回解禁された映像は、泉が小野と付き合うことを決めると同時に、葉山を忘れようと決意したシーン。泉は小野と時間を過ごすことで、小野からの告白を受け入れる。

しかし、付き合うことになったものの、一人になった泉が遠い目をしながら、何とも言えない表情を浮かべるのが印象的。葉山を想いながらも忘れようとする、複雑な泉の心情が伝わってくるシーンになっている。

(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

関連記事

『ナラタージュ』徹底解説!劇中の映画の意味は?小説からの改変で強まったテーマとは?
暗い・だるい・激しい…松本潤が魅力的な映画『ナラタージュ』
多彩な才能を魅せる坂口健太郎、今回挑むのは◯◯弁!
有村架純、一生に一度の恋に落ちる姿に…涙
『ナラタージュ』行定勲作品で押さえておきたい5作を紹介

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事