あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2017-12-27

ニュース

綺麗な靴が紳士をつくる!?『キングスマン』の自動靴磨きBOXが池袋駅に登場!




見事にドレスアップされた英国紳士スパイがスタイリッシュなアクションで活躍する『キングスマン:ゴールデン・サークル』が、2018年1月5日(金)より公開となる。

新たな年を迎え、一流のエージェントである彼らのように、靴を綺麗に磨き上げて紳士の嗜みの第一歩を刻んで劇場に足を運んでもらうべく、この年末年始に世界初(?)となる自動靴磨き機搭載の交通広告の展開が決定した!

このニュースのポイント

・『キングスマン:ゴールデン・サークル』の自動靴磨きBOXが池袋駅に登場


・靴を綺麗に磨き上げ、紳士の嗜みの第一歩を刻んではみては?


『キングスマン:ゴールデン・サークル』についての記事を読む



本作の監督は、世界的スーパーモデルのクラウディア・シファーの夫マシュー・ヴォーン。ファッション界からもその先鋭的なセンスを認められている人物であり、今回も英国紳士の代名詞ともいえるダブルのスーツ&革靴を筆頭に、並々ならぬこだわりが施されています。その煌びやかな衣装には「どれも最新のスーツでさすが!あんなアクションの中でも綺麗なままで驚き!」、「マーリン(マーク・ストロング)の緑チェックのコートは日本人でも真似しやすい」などファッション界からも絶賛の声が鳴りない。

「キングスマンの装いには、マナーある男のあるべき姿が詰まっている。細部にわたる服飾表現の緻密さに惚れ惚れした。」
(金森 陽 - MEN'S EX 編集長)

「この徹底したジェントルマンズスタイルは、ドレスダウン化がすすむ日本のサラリーマン必見!」
(大槻 篤 - メンズクラブ編集長)

「どんなシーンでもスーツを着こなしジェントルマンに振る舞う、セクシー過ぎる男性陣には終始釘付けでした。」
(鰐渕祥子 - 銀座テーラー 専務取締役)

イギリスのファッションサイト、Mr.Porterでは劇中衣装をイメージしたビスポークコレクションが実際に販売され、日本円で30万円を超えるような商品も軒並みソールドアウト状態が続いている。ただの映画衣装をはるかにしのぐ”本物感”が世界のファッションシーンに旋風を巻き起こしている本作だからこそ、”オシャレの基本は足元から”と言うかのごとき靴磨き機にも説得力が増すというもの。

彼ら一流スパイエージェントのように、新たな年に心機一転、ばっちりキメて歩き出してみては?

『キングスマン:ゴールデン・サークル』 自動靴磨きBOX 実施概要


実施日時:2017年12月30日(土)~2018年1月3日(水) 11:00~20:00
実施場所:東武鉄道 池袋駅 南口地下コンコース ラウンドワイドボードイベントスペース
※画像はイメージです。実際の展示と異なる可能性がありますのでご了承ください。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録