主演4人がイケメンすぎ! 人気コミック『虹色デイズ』の実写映画化が決定

集英社「別冊マーガレット」連載作品、累計300万部突破の超人気少女コミック「虹色デイズ」(水野美波)の映画化が決定。松竹配給にて、2018年夏に全国ロードショーとなる。

このニュースのポイント

・累計300万部突破の超人気少女コミック「虹色デイズ」が実写映画化
・主演キャストは佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星の4人
・キャスト・監督・原作者コメントが到着

本作は少女コミック誌で連載されていたにも関わらず、“男子高校生4人組が主人公”という斬新かつ異色な設定が人気を博していた。性格も趣味もバラバラだがいつもつるんでいる、ちょっとおバカでお騒がせなイケメン男子高校生たちの「友情」と「恋」を描く青春ストーリー。監督は『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』の飯塚健。『君に届け』の根津理香と共に脚本も担当し、個性豊かな高校生たちのリアルな感覚と青春の輝きをセンス溢れる映像で作り上げていく。

主人公となる男子高校生を演じるのは、いま最も人気と勢いのある若手俳優たち。SNSのフォロワーとブログ読者の合計が100万人近い人気を誇る4人が、日本映画史上初となる「4人ともに主演」のカルテット主演映画として集結し、女子が萌える魅力的な男子高生に扮します。

ピュアで元気な愛されキャラで、同級生の杏奈に片想いする“なっちゃん(羽柴夏樹)”を演じるのは、GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマーとして大活躍中の佐野玲於。映画初主演となる本作では、少し恋に奥手だけれども、何事にもまっすぐで一生懸命なキャラを演じ、音楽活動からのさらなる飛躍となる演技に挑戦します。

チャラくて女好きなモテ男“まっつん(松永智也)”を演じるのは、2017年『きょうのキラ君』『 ReLIFE リライフ』に主演、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』日本語版吹替版では声優を務めた、人気俳優・中川大志。本作では、一見テキトーだが実は友達想い、そして恋を知ることで成長していく男気あふれるキャラを演じます。

秀才で超マイペースなオタクの“つよぽん(直江剛)”を演じるのは、17年に映画6本に出演、第9回TAMA映画賞最優秀新進男優賞受賞が決定した他、テレビ・CMでも大活躍中の高杉真宙。本作では、超マイペースで物静かな性格だが、深い洞察力で仲間たちのことを常に見守り、一方でさりげなく彼女がいる隠れリア充というキャラクター。

いつもニコニコ、実はドSな“恵ちゃん(片倉恵一)”を演じるのは、大ヒット映画『キセキ-あの日のソビト-』や『オオカミ少女と黒王子』、18年公開の『honey』と青春・恋愛映画への出演が続き、いま大注目の横浜流星。本作では、誰ともですぐ仲良くできるオープンな性格でありつつ、鋭く人の心の本音を突いてくるやんちゃキャラという役どころ。

ストーリー

ピュアで元気な愛されキャラの“なっちゃん(羽柴夏樹)”、チャラくて女好きなモテ男の“まっつん(松永智也)”、秀才で超マイペースなオタクの“つよぽん(直江剛)”、いつもニコニコ実はドSな“恵ちゃん(片倉恵一)”。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…!?

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事