深川麻衣、初主演作『パンとバスと2度目のハツコイ』予告編解禁!

©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

昨年、乃木坂46を卒業した深川麻衣が映画初出演にして初主演を務め、三代目 J Soul Brothersの山下健二郎と共演する映画『パンとバスと2度目のハツコイ』が2018年2月17日(土)より全国公開となる。

このニュースのポイント

・深川麻衣の初出演にして初主演作『パンとバスと2度目のハツコイ』の予告編解禁!

・解禁された新たな予告編は、深川麻衣演じるパン屋で働く市井ふみの独特な恋愛観を感じさせるセリフから始まる

・映画『パンとバスと2度目のハツコイ』は2018年2月17日(土)より全国公開

『乃木坂46』についての記事を読む

 個性的でありながら共感を生むキャラクター描写と独特の空気感を持つ映像で表現された本作は、恋愛映画の旗手として注目を集める今泉力哉が描く完全オリジナルストーリー。独自の結婚感を持った“恋愛こじらせ女子”の主人公・ふみと、偶然再開した初恋相手・たもつが織りなす、コミカルでちょっと切なく、そして新しい恋愛群像劇が誕生。

本作は東京国際映画祭でのワールドプレミアにてチケット即完となったことでも話題に。ワールドプレミア上映で本作を見た人たちからは、「独特すぎる世界観の中でも共感できることがいくつも。なぜこんなに深い映画が作れるんだろう。」「最初から終始「思考」し続ける映画でした。」 「きっとこういう想いをしてる人もいるんじゃないかな…?本当に、”どうしたらいいんだあああーーーーー!!!”って叫びたくなるでしょう。」など共感とモヤモヤが入り混じったコメントが多く集まった。

©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

解禁された新たな予告編は、深川麻衣演じるパン屋で働く市井ふみがごく平凡でありながら「今まで付き合ってきた人と私と何が違うの?」「何でその人たちとは別れたのに、私とは別れないって言い切れるの?」「私は一人になりたくなっちゃう人なんだと思う、寂しくありたいんだと思う」と独特な恋愛観を持つセリフから始まる。そんなふみの前に現れたのは、ふみを知りたいと思うふみの妹・にこ(志田彩良)。ふみをかつて好きだった同級生・さとみ(伊藤沙莉)。そして、ふみが昔好きだった初恋相手・たもつ(山下健二郎)。久しぶりに再会した初恋の相手、たもつは相変わらず魅力的で、ただ馬鹿みたいに別れた奥さんを想っている、という一筋縄ではいかない恋愛模様が二人の再会によって動き出す。

そのオリジナリティ溢れる描写で恋愛映画の旗手として注目されている今泉力哉監督の世界観の中で繰り広げられる、恋愛こじらせ女子のモヤモヤしながらキュンとする“モヤキュン”ラブストーリー。にこやさとみなどふみを取り巻くキャラクターたちは、二人の恋にどう絡んでくるのか? たもつの「どうやったら、本当に好きな気持ちって伝わるんだろうな。」といった言葉や、ふみの「お願いだから、好きにならないで。」といった言葉の先に待ち受ける二人の恋は果たしてどうなる?

 そして、主題歌は初めて映画主題歌を担当することとなったLeolaの書き下ろし「Puzzle」。優しく深みのある歌声が映画に寄り添い盛り上げている。

関連記事

深川麻衣が乃木坂46に感謝!女優としての覚悟を舞台挨拶で語る!
深川麻衣&山下健二郎、東京国際映画祭レッドカーペットデビュー!!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com