『皇帝ペンギン ただいま』本国版ナレーション ランべール・ウィルソンのインタビュー映像独占解禁

© BONNE PIOCHE CINEMA – PAPRIKA FILMS – 2016 – Photo : © Daisy Gilardini

8/25 より公開中の『皇帝ペンギン ただいま』より、本国版ナレーションを担当したランベール・ウィルソンのインタビュー映像がシネマズ独占で解禁となった。

© BONNE PIOCHE CINEMA – PAPRIKA FILMS – 2016 – Photo : © Daisy Gilardini

本作は、アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞し、世界で2500万人が観た奇跡のドキュメンタリー 映画『皇帝ペンギン』の続編。撮影に最新鋭のデジタル4Kカメラとドローンを導入。また、水温マイナス2°Cのなか、南極海で史上初となる水深100mの水中撮影に成功。透き通る南極海を飛ぶように狩りをする皇帝ペンギンの雄姿と、氷海下に生息する多様な生物の撮影にも成功している。まだ子供の羽毛に覆われている若いペンギンたちの初めての旅に密着し、厳しい自然の中で一生懸命に生きる彼らの姿と親子の絆を感動的に描き出している。時にドキドキハラハラさせられながら、かわいいだけではない彼らの真の姿とともに南極の絶景を迫力の映像で紹介する珠玉のドキュメンタリーとなっている。

ランベール・ウィルソンのインタビュー映像は、「本来ヨチヨチ歩きのペンギンが、水中では別の生き物のようになる。本当に魅力に満ちた動物です」と皇帝ペンギンの魅力を語る様子や、ナレーションのアフレコの様子が収められている。さらに、「前作『皇帝ペンギン』の”続編”ではない、新鮮で魅力的な映像がたくさんあった」と、前作で不可能だったドローン撮影や水深100mの水中撮影が可能になった今作について語っている。

ランベール・ウィルソン プロフィール

1958年生まれのフランス出身の俳優、歌手。1977年『ジュリア』で映画デビューし、マトリックスシリーズに出演し、世界的に有名な俳優となる。これまでフランスにおける映画賞であるセザール賞に主演男優賞で3回、助演男優賞で計6回ノミネートされている。
主な出演作:『フランス組曲』『修道士は沈黙する』

関連記事

『皇帝ペンギン ただいま』神秘的で美しいペンギン遊泳シーンを独占入手!
『皇帝ペンギン ただいま』南極はドローン撮影が超難しい!?撮影秘話 先行解禁!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com