『ピンカートンに会いにいく』“少女時代のピンカートン”写真独占公開!新たな登壇イベントも決定!

©松竹ブロードキャスティング

“こじらせ系アラフォー女子たちが、20年の時を経てまさかのアイドル再結成!?”シニカル&オフ・ビートなユーモアのブレンドが絶妙な旨味(感動)を抽出する、“イタい”のになぜか胸が熱くなる?

新感覚エンターテインメント・ヒューマン・コメディ『ピンカートンに会いにいく』が先日より公開中で、Yahoo!映画において平均評価4.38(2018年1月26日現在)を記録するなど大好評を博している。

この度、“少女時代のピンカートン”写真をシネマズ独占公開。

©松竹ブロードキャスティング

©松竹ブロードキャスティング

※その他の独占公開写真は記事末尾のギャラリーにて公開

ピンカートンの現役時代を演じたのは、小川あん、岡本夏美、柴田杏花、芋生 悠、鈴木まはなといった、
いま注目の若手女優陣。
その彼女たちが、稽古の合間の10代ならではのベタ座りでお喋りしているシーンや、なんと言ってもアイドルだから歌って踊る必死さ伝わるシーンなどを、可愛らしいシーンが盛りだくさんとなっている。

また、大好評・大ヒットを記念して急遽
明日(2018年1月27日(土))に坂下雄一郎監督と“少女時代のピンカートン”を演じた柴田杏花らの登壇イベントも決定。
http://shinjuku.musashino-k.jp/news/4699/

日時

1月27日(土) 13:00の回上映後

登壇者

柴田杏花/芋生悠/鈴木まはな/坂下雄一郎監督
※登壇者は予定につき、予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

料金

通常料金 / 全席指定席
※前売券も使用可
※トークイベント回のチケットはPC・携帯などによるインターネット販売および劇場窓口にて販売いたします。電話でのご予約は受け付けておりません。前売券(全国共通前売鑑賞券)は、劇場窓口のみでの引換となります。
※チケットが完売次第、販売を終了します。
※チケットのご購入後の変更、払い戻しは致しません。
※特別興行につき、株主優待券(証)株主優待割引・招待券はご使用になれません。
※場内でのカメラ(カメラ付き携帯を含む)、ビデオにより撮影・録音・録画は固くお断りします。

ストーリー概要

かつて、ブレイク寸前で突然解散してしまった伝説の5人組アイドル「ピンカートン」。20年が過ぎ、リーダーだった優子は今も売れない女優を続けていた。ある日、優子の元にレコード会社の松本と名乗る男からかかってきた電話。それは「ピンカートン再結成」の誘いだったのだ。所属事務所もクビになり、気づけば人生も半ば。崖っぷちに追い込まれた優子は、再起をかけ松本と一緒に元メンバーに会いに行くが、メンバーのうち3人はすでに芸能界を去り、返事はつれない。さらに一番人気だった葵の行方がわからず、彼女を知る人たちを訪ねて回るのだが…。プライドだけが肥大した“こじらせ女子”まっしぐらの優子は、過去と向き合い、20年分のわだかまりを乗り越え、「ピンカートン」を再結成させることができるのか!?

ギャラリー

©松竹ブロードキャスティング

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com