『ポラロイド』『チャイルド・プレイ』2作品が同日公開!新鋭ホラー監督ラース・クレヴバーグとは?

【監督紹介】
『ポラロイド』
2019年7月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国順次公開

『ポラロイド』『チャイルド・プレイ』の2作品同日公開に向け、両作のメガホンをとった新人監督、ラース・クレヴバーグを紹介する。

ラース・クレヴバーグ監督は1980年、ノルウェー生まれ。大学で映画制作の学士号を取得し、卒業後に脚本・監督を務めたショートフィルム『The Wall』(12)がパームスプリングス国際映画祭で上映され注目を浴びる。

そんなラース・クレヴバーグ監督が2015年に撮ったのが15分のショートフィルム『Polaroid』。この短編がトレモリノスファンタスティック映画祭で最優秀ショートホラーフィルム賞を受賞し、その恐ろしさと“ポラロイドカメラ=死の装置”となる斬新なアイデアでホラー映画ファンの話題を一挙にさらった。

この短編がきっかけとなり監督の才能はすぐさまハリウッドの目に留まり、『Polaroid』のセルフリメイクで初長編作となった本作『ポラロイド』が生み出された。

この作品で前作を遥に凌ぐ恐怖の物語を生み出し、瞬く間にコアなホラーファンの心を掴むと、リブート版『チャイルド・プレイ』の監督として異例の大抜擢をうけた。『チャイルド・プレイ』でも本作のプロデューサーを務め、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』『ザ・リング』などで有名なロイ・リーと再びタッグを組んでいる。

今後注目されるラース・クレヴバーグ監督の長編デビュー作『ポラロイド』と2作目『チャイルド・プレイ』は、7月19日(金)に公開。

ストーリー

さぁ笑って。その笑顔が人生最期の1枚になる。
アンティークショップで偶然手に入れた年代モノのポラロイドカメラ。SNS世代の高校生バードたちはシャッターを押せば写真が出てくるその”新感覚”なカメラに夢中になる。しかしその後、撮影された友人が次々と悲惨な死を遂げていく。死の順番とその法則。被写体の傍に必ず写り込み、死ねば別の被写体に移動する不可解な<影>。連鎖する悪夢の元凶がこのカメラにあることに気付いたバードだったが、自らも写真に写り込んでいることが発覚し―。

公開情報

監督:ラーズ・クレヴバーグ
製作:ロイ・リー
出演:キャサリン・プレスコット、グレイス・ザブリスキー、タイラー・ヤング、サマンサ・ローガン
原題:POLAROID
2017年/アメリカ/英語/88分/5.1CH/カラー/シネスコ
字幕翻訳:チオキ 真理
配給:ギャガ・プラス
© 2019 DPC SUB 1A1, LLC

他の記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com