天才バレエ少女の数奇な運命を描く『ポリーナ、私を踊る』公開決定

ひとりの天才バレエ少女の、輝かしくも数奇な運命を描いた、バスティアン・ヴィヴェスによるフランス・グラフィックノベルを実写化する映画『ポリーナ、私を踊る』(原題:Polina, danser sa vie)の日本公開が決定した。

映画『ポリーナ、私を踊る』公開決定

ボリショイバレエ団のバレリーナを目指すロシア人の女の子ポリーナ(アナスタシア・シェフツォワ)は、厳格な恩師ボジンスキー(アレクセイ・グシュコフ)のもとで幼少の頃から鍛えられ、将来有望なバレリーナへと成長していく。かの有名なボリショイバレエ団への入団を目前にしたある日、コンテンポラリーダンスと出会い、全てを投げ打ってフランスのコンテンポラリーダンスカンパニー行きを決める。新天地で新たに挑戦するなか、練習中に足に怪我を負い彼女が描く夢が狂い始めていく。ダンスを通して喜びや悲しみ、成功と挫折を味わい成長していく少女。彼女が見つけた自分らしい生き方とは――

ポリーナ、私を踊る

映画『ポリーナ、私を踊る』は、バスティアン・ヴィヴェスによる世界的人気コミックを実写映画化する作品。ボリショイの伝統的クラシックバレエを学んでいた主人公・ポリーナが、ダンスを通して喜びや悲しみ、成功と挫折を味わいながら、大人へと成長していく様を描く。

主人公のポリーナ役は、本作が映画デビューとなるアナスタシア・シェフツォワ。ポリーナが新しい道を模索する中で出会うコンテンポラリーダンスカンパニーの振付家役を『イングリッシュ・ペイシェント』のジュリエット・ビノシュ、ポリーナの恩師役をアレクセイ・グシュコフが演じる。さらにパリ・オペラ座エトワールのジェレミー・ベランガール、『マイ・マザー』のニールス・シュナイダーらが脇を固める。

監督は、ヴァレリー・ミュラーと、自身もバレエダンサーでありコンテンポラリーダンスの振付家として活動するアンジュラン・プレルジョカージュが共同で担当する。

映画『ポリーナ、私を踊る』は2017年10月28日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー。

(C) 2016 Everybody on Deck – TF1 Droits Audiovisuels – UCG Images – France 2 Cinema

関連記事

オペラ座バレエ団描くドキュメンタリー、予告映像解禁
織田梨沙、映画初主演作『STAR SAND -星砂物語-』場面写真、解禁!
ジャッキー・チェン最新作は“鉄道”『レイルロード・タイガー』公開決定
「ゴースト・イン・ザ・シェル」まだ彼女は「全裸で犯人逮捕する女性刑事」と思われているのか?
『ゴースト・イン・ザ・シェル』来日記者会見、スカーレット・ヨハンソン作品に怖気付くも役を通じて成長の手応え

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事