プーさん初の実写映画、特報解禁!大人になったクリストファー・ロビンと再会!

©2018 Disney

ディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」初の実写映画『Christopher Robin』の邦題が『プーと大人になった僕』に決定。9月14日(金)の日本公開も決まり、日本版特報映像が解禁された。

本作は、2011年に公開されたアニメーションの劇場公開映画『くまのプーさん』で、プーさんと大親友の少年クリストファー・ロビンが「僕のことを忘れないって約束して」と約束を交わした感動の別れの後、大人になったクリストファー・ロビンとプーさんの奇跡の再会からはじまる感動の物語。

特報映像は「子供の頃の宝物を、どうして大人は忘れてしまうのだろう。どうして僕は君を忘れてしまったのだろう─」という ナレーションとともに、プーさんとクリストファー・ロビンの少年時代のイラストからはじまる。

重要な仕事をまかされたクリストファー・ロビンが、公園のベンチで頭を抱えていると、「クリストファー・ロビン」 と声をかけられ、振り向くとそこには…。クリストファー・ロビンとプーさんの奇跡の再会の瞬間が描かれている。

大人になったクリストファー・ロビン役を務めるのはユアン・マクレガー。 『チョコレート』『ネバーランド』のマーク・フォスターがメガホンを取った。

プーさんが、仲間たちと一緒に住んでいる100エーカーの森を飛び出すのは史上初。『プーと大人になった僕』は、9月14日(金)より全国ロードショー。

ストーリー概要

クリストファー・ロビンは、大人になり愛する妻と娘とロンドンで暮らし、忙しい毎日をおくっていた。ある日、仕事のことで頭を悩ませていたクリストファー・ロビンの前に現れたのは、かつての大親友のプーだった! 大人になったクリストファー・ロビンとプーさんの奇跡の再会と、そこからはじまる新たな感動の物語。

関連記事

「美女と野獣」、過去の実写版を振り返る
実写映画版『シンデレラ』が玉の輿に乗らなくなった理由

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com