プーさんと森の仲間たちがロンドンにやって来る!『プーと大人になった僕』日本版予告映像が解禁

©2018 Disney Enterprises, Inc.

世界的人気キャラクター「くまのプーさん」の初実写映画『プーと大人になった僕』が2018年9月14日(金)に公開される。この度、新たな映像で構成された日本版予告映像がお披露目された。

プーと大親友の少年クリストファー・ロビンが「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わした別れの後、大人になりロンドンで暮らすクリストファー・ロビンとプーの奇跡の再会から始まる感動の物語である本作。日本版予告映像は、少年クリストファー・ロビンとプーが「棒投げ橋」を覗き込む挿絵で有名なシーンなど、“100エーカーの森”で一緒に過ごした少年時代からスタート。大人になり、ロンドンで仕事中心の忙しい毎日を送っていたクリストファー・ロビンは、妻イヴリンと娘マデリンと故郷で過ごす予定にしていた週末にまで仕事を任されてしまう。そんな中、彼の前にかつての親友プーが現れる。プーに「一緒に森の仲間たちを探してほしい」と頼まれたクリスファー・ロビンは、懐かしい“100エーカーの森”へ。何一つ変わらないプーやピグレット、ティガー、イーヨーら仲間たちとの再会に喜びと懐かしい日々を感じながらも、仕事に戻らなければならないことを思い出す。「仕事って、ぼくの赤い風船より大事なことなの…」と悲しむプーたち。急いでロンドンに戻ったクリストファー・ロビンは、仕事の重要な書類を森に忘れてしまっていた。一方、彼の忘れものに気づいたプーと仲間たちは、親友のため、初めて“100エーカーの森”を飛び出し、マデリンと共にロンドンへと向かう。

予告映像では、プーのことが大好きな優しい性格の子ブタ「ピグレット」、陽気でわんぱくなトラ「ティガー」、おっとりもののロバ「イーヨー」たち100エーカーの森の仲間たちが動いて話す姿を初披露。そしてロンドンに向かうため初めて森の外へ出た仲間たちのハプニングだらけの道中、初めてだらけのロンドンの街で大奮闘する姿が描かれる。予告編の終盤には、倒木に座り肩を寄せ合うクリストファー・ロビンとプーの“少年時代”と”現在の姿”が交差する様子が収められており、いつまでも変わらない二人の友情が涙を誘う。予告映像は二人の奇跡の再会から始まる感動の物語を予感させ、クリストファー・ロビンとプーのいつまでも変わらない友情を感じる温かい内容に仕上がっている。

主人公のクリストファー・ロビン役を務めるのはユアン・マクレガー。すでにSNS上では「クリストファー・ロビンのイメージとユアンがピッタリ」という声や、「成長したクリストファー・ロビンに自分を重ね合わせ、涙を流しながらプーさんに癒される自分が想像できる」といった、いまの自分を重ねて泣けそうという声が上がるなど注目を集めている。

『プーと大人になった僕』は、2018年9月14日(金)より全国ロードショー。

ストーリー概要

100エーカーの森を飛び出したプーと仲間たちは、大人になった親友のクリストファー・ロビンと奇跡の再会を果たすのだが…。ロンドンを舞台に、忘れてしまった「大切なモノ」を思い出させてくれる感動の物語。

関連記事

ピグレットら森の仲間たちもお披露目!『プーと大人になった僕』ポストカード付き前売鑑賞券、発売決定
プーさんに手渡す“赤い風船”が物語の鍵に!『プーと大人になった僕』日本版ポスター解禁!
プーさん初の実写映画、特報解禁!大人になったクリストファー・ロビンと再会!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com