【特報映像】バカリズム×井浦新「殺意の道程」2020年11月9日(月)放送開始

「殺意の道程」|2020年11月9日(月)放送開始

特報映像

11月9日(月)より放送スタートのWOWOWオリジナルドラマ「殺意の道程」のキャストが解禁され、特報映像が公開された。

バカリズムのオリジナル脚本で、復讐というシリアスな設定の中で普通の映画やドラマでは省略されるであろう、どうでもいい部分をやたら細かくリアルに描く、新感覚サスペンスコメディの本作。バカリズムと井浦新がW主演を務める。

肉親の仇を討つため、完全犯罪を計画する一馬(井浦新)といとこの満(バカリズム)。その殺害計画に協力するキャバクラ嬢・このは役を堀田真由、このはと仲の良いキャバクラ嬢・ゆずき役を佐久間由衣が演じる。さらに復讐相手の会社社長・室岡義之役で鶴見辰吾、そして室岡の愛人役で飛鳥凛、一馬の父親・窪田貴樹役で日野陽仁、このはとゆずきが働くキャバクラの常連客で一馬の親友・重盛隼人役で河相我聞が出演する。

堀田真由(このは役)コメント

この度、このは役を務めさせて頂くことになりました。
バカリズムさんならではの脚本の世界観に、息を吹き込まれた空間は今までに感じたことのない
身体の感覚と思考になり毎日が刺激的です。
重々しいタイトルとは裏腹にカットがかかると笑い声が聞こえてくる、とても居心地の良い現場で
人懐っこく聡明な彼女を自分なりに解釈し、本作に良い影響を残していけるようしっかりと
向き合っていきたいと思います。

佐久間由衣(ゆずき役)コメント

ツッコミがいない漫才コンビの様な、バカリズムさんと井浦新さんがとても愛おしく存在する世界の中、そんな二人に堀田真由ちゃんと一緒に巻き込まれていくゆずき役を務めさせて頂くことに、大変喜びを感じています。そして人間臭い大人達の復讐劇とクスッと笑ってしまうギャップが共存するこの作品がわたし自身もとても楽しみですし、何より役柄と共にとにかく明るいパワーを届けられたらと思っております。

鶴見辰吾(室岡義之役)コメント

念願のバカリズムさんとの初共演。
そして前回、映画『こはく』でスリリングな撮影を共にした井浦新さんとの共演に、心躍らせています。
すでに現場では、キャストもスタッフも笑いを堪えながら撮影するほどのおもしろさです。

ストーリー

ある日、小さな段ボール加工会社の社長・窪田貴樹(日野陽仁)が自ら命を絶った。貴樹は取引先の社長・室岡義之(鶴見辰吾)の口車に乗せられ、多額の負債を抱えてすべてを失い、絶望してビルの屋上から投身した。遺族たちの訴えもむなしく一切罪を問われずに、のうのうと裕福に暮らす室岡への復讐を心に誓う貴樹の息子・窪田一馬(井浦新)。一馬はいとこの吾妻満(バカリズム)とともに室岡殺害の完全犯罪を企てる。しかし、人を殺すにも準備は必要。これまで一度も犯罪に手を染めたことのない2人は、一馬の親友・重盛隼人(河相我聞)や、重盛となじみのキャバクラ嬢・このは(堀田真由)、同じくキャバクラ嬢・ゆずき(佐久間由衣)といった信頼する人々の協力を得て、悪戦苦闘しながら殺害方法を探っていく。「殺害計画の打ち合わせ」から「必要な物資の買い出し」、「殺害実行のシミュレーション」など。果たして、一馬と満は復讐を成し遂げられるのか。

作品情報

脚本:バカリズム(「素敵な選TAXI」「住住」「架空OL日記」)
監督:住田崇(「住住」「架空OL日記」)
音楽:大間々昂(『愚行録』『見えない目撃者(2019)』『ひとよ』)
出演:バカリズム 井浦新 / 堀田真由 日野陽仁 飛鳥凛 河相我聞 / 佐久間由衣 鶴見辰吾
プロデューサー:高江洲義貴 大内登
製作:WOWOW SWEAT
11月9日(月)放送スタート (第1話無料放送)
毎週月曜 深夜0時WOWOWプライムにて放送 (全7話)

関連記事

『スマホを落としただけなのに』「5つ」の注目ポイント!本当に怖い映画なのか?
『嵐電』のレビュー|繊細に描かれた3組の少し不思議なラブストーリー
堀田真由ちゃん月間!微熱のような思春期映画『36.8℃』の小さくも可愛い青春
『“隠れビッチ”やってました。』予告編&ポスタービジュアル|佐久間由衣が痛快モテテクニック披露!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com