『シェイプ・オブ・ウォーター』アカデミー賞最多4部門受賞!

(C)2017 Twentieth Century Fox

第90回アカデミー賞において作品賞を含む最多4部門の受賞を果たしたのはギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』だった。

本作は『パンズ・ラビリンス』、『パシフィック・リム』などの世界的ヒット作で知られる、メキシコの巨匠ギレルモ・デル・トロ監督によるファンタジー。

ひとりの孤独な女性と水の中で生きる不思議な生物との言葉を超えた“愛”を描き、世界中の映画賞を席巻し、この度のアカデミー賞最多4部門受賞を果たした。

(C)2017 Twentieth Century Fox

ギレルモ・デル・トロ監督/作品賞受賞コメント

「ありがとうございます。

メキシコで子供時代を過ごしてきましたが、E.Tとかウィリアムマナーとかいろんな人を憧れにしていました。

一週間前にスピルバーグ監督に「もし受賞したらレガシーの一部なんだ。このフィルムメーカー世界の一員なんだ、誇りに思え」と言われました。本当に誇りに思います。

これを捧げたいのは若い人達です。今のあらゆる状況を変えようとしているのは若い人達です。

私が子供だった頃メキシコで育っていて、こういったことが起こるとは想像もしていませんでした。

しかし、それが実現しました。夢を見ている人達、ファンタジーを使って現実について語りたいと思っている人達に伝えたいです。

夢は実現するんです。切り開いて中に入ってきてください。」

ギレルモ・デル・トロ監督/監督賞受賞コメント

「ありがとうございます。

私は移民です。多くのみなさんのように。過去25年間自分の国に住んでいました。

自分の一部はここにある、一部はヨーロッパにある、一部は他の国にあるわけです。

この業界は、そういった国境を越えて仕事をするべきだと思うんです。

私が1番好きなこと、2013年にFOXサーチライトがこのストーリーを気に入ってくれて、そしてこの半魚人、ミュージカル、スリラーが入っている作品をやろうと言ってくれたんです。

ついてきてくれた皆に感謝します。」

本作は3月1日(木)より全国公開中。

関連記事

ありのままの相手を想う、心からの美しい気持ち『シェイプ・オブ・ウォーター』監督インタビュー
『シェイプ・オブ・ウォーター』が放つ 3つの異色な魅力
大きな恐怖に包まれた時代にも、愛は生まれる『シェイプ・オブ・ウォーター』の魅力を力説

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com