「からだを売るんですか?」過激すぎる予告編が解禁!松坂桃李主演映画『娼年』

4月6日(金)より全国公開となる、映画『娼年』(配給:ファントム・フィルム)の予告編が解禁となった。

原作は2001年の直木賞候補となった石田衣良の恋愛小説。女性の欲望をありのままに描いた刺激的な内容と、女性たちに向き合うことで変化を遂げていく主人公リョウの姿を繊細な表現で描き、多くの女性から共感を集めた。そして遂に、2016年の伝説の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビは困難と言われた映画化に挑んだ。

『娼年』の予告編が解禁

今回解禁される予告編は、大学生活や女性との関係に退屈し、アルバイトでバーテンダーとしてカウンターに立つ領(松坂桃李)が、「女なんてつまんないよ」とつぶやくシーンから始まる。さらに「セックスなんて手順の決まった面倒な運動です」と加えるが、そんな領を、会員制ボーイズクラブ「Le Club Passion」のオーナー・御堂静香(真飛聖)がクラブで働くよう誘う。「からだを売るんですか?」と領は驚くが…この無気力な⻘年は、娼夫になった。

「欲望の種類は無限にあるわ」と静香が言う通り、「人を待つのってすごくじれったいでしょ? そのじれったいのが好き」 と語りかけるヒロミ、「もうダメ…ここでしていい?」と叫ぶイツキ、「うちの人、私が乱暴にされるのを見ると喜ぶようなんです」とリョウをたじろがせる泉川夫妻をはじめ、さまざまな欲望と想いを持った人々が映し出され、”リョウとの濃密な時間”が目眩く展開される。「この映画は事件となる」。それを予感せずにはいられないシーンの連続だ。

そんなある日、同級生の恵とホストの進也に、リョウが娼夫として働いていることが知られ、「領くん、汚いよ!」「別にできることがあるはずだろ?」と非難されることに。が、リョウは、「欲望の秘密は、その人の傷ついているところや弱いところにひっそりと息づいている」と、女性の欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、次第に“娼夫”という仕事にやりがいを感じるようになっていた。

「あなたの話をしてちょうだい」。体の触れ合いが、心を開いていく。やさしく微笑みながら女性にキスをするリョウ。ひとりの⻘年が女性たちとの出会いで変わっていく姿がとても魅力的だ。

リョウを通して描かれる性、その性を通してひとりひとりの奥深くに潜む人間ドラマは、観る者の感情 を刺激し、大きな衝撃と多くの共感を集めるはずだ。まずはその一端を予告映像で確かめてほしい。

これは、映画史における「事件」になる―。困難と言われた映画化に、「“性描写”に関しては一切妥協しない」と言う三浦大輔監督とともに臨んだ松坂が、「ここまで精神的に追い込まれた現場は初めてかもしれません」と語るように、監督、スタッフ、俳優陣が全身全霊を込めて作った渾身の作品。観る者の心の奥に眠っていた欲望を呼び覚ます、鮮烈な愛のドラマが誕生した。

『娼年』のあらすじ

主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。

「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がける会員制ボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戶惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。

(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

関連記事

『不能犯』『娼年』!2018年は松坂桃李イヤーだ!
【2018年上半期】イケメン出演の注目映画まとめ
「かの鳥」白石和彌監督×『不能犯』白石晃士監督が松坂桃李を語る!
『不能犯』は松坂桃李VS間宮祥太朗の激突!『仮面ライダービルド』ファンも必見!
松坂桃李主演の18禁映画『娼年』全キャストが解禁!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com