ベネチア国際映画祭の金獅子賞作が日本公開!種族を超えたラブストーリー『シェイプ・オブ・ウォーター』

その比類なき世界観でベネチア国際映画祭を魅了し、金獅子賞を満場一致で獲得した「The Shape of Water」が、邦題『シェイプ・オブ・ウォーター』とし、2018年3月1日(木)より全国ロードショー。そのポスターが解禁された。

このニュースのポイント

・「The Shape of Water」の日本公開が決定
・本作のポスターが解禁された
・ポスターは気鋭のアーティスト、ジェームス・ジーンが担当

ギルレモ・デル・トロに関するニュースを読む

1962年、アメリカ。政府の極秘研究所に勤めるイライザは、秘かに運び込まれた不思議な生きものを見てしまう。アマゾンで神のように崇められていたという“彼”の魅惑的な姿に心を奪われたイライザは、周囲の目を盗んで会いに行くようになる。子供の頃のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は必要なかった。二人の心が通い始めた時、イライザは“彼”が間もなく実験の犠牲になると知る──。

解禁されたのは、世界が注目する気鋭のアーティスト、ジェームス・ジーンの手によるデザインは、深い海を彷彿とさせる一面ブルーで描かれているポスター。

イライザと、人ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛を情熱的に、そして悲劇的に映し出している。

古典とも言える種族を超えたラブストーリーが、奇才ギレルモ・デル・トロの手によって新たに描かれた、官能的で、切ないファンタジーロマンスが、美しいビジュアルで表現されている。

ヒロイン、イライザを演じるのは『ブルージャスミン』でアカデミー賞(R)ノミネートのサリー・ホーキンス。言葉なしで溢れんばかりの感情を表現する渾身の演技は、本年度主演女優賞の大本命である。

助演陣として、イライザを温かく支える友人に『ドリーム』のオクタヴィア・スペンサー、『扉をたたく人』のリチャード・ジェンキンス。さらに、イライザと“彼”を執拗かつ残忍に追い詰めるエリート軍人にマイケル・シャノンと、オスカー級の名優たちが脇を固めている。

さらに『グランド・ブダペスト・ホテル』でオスカーに輝くアレクサンドル・デスプラの優美で印象的な音楽がロマンティックで官能に満ちた世界に見るものを誘う。

アンデルセンの「人魚姫」から『シザーハンズ』や『美女と野獣』まで、いつの時代も愛されてきた種族を超えたラブストーリーが、ここに誕生した。

『シェイプ・オブ・ウォーター』のあらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。

人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……

(C)2017 Twentieth Century Fox

関連記事

ギレルモ・デル・トロ史上、最も美しい作品『クリムゾン・ピーク』BD&DVD
『パシフィック・リム:アップライジング』が2018年4月に日本公開決定!
その美しさの秘密が明らかに―映画『クリムゾン・ピーク』特別映像を公開

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com