『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』全世界約50ヵ国で初登場1位!

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』公開中(2019年12月24日現在)

全人類が待ち望んだ映画を超えた史上空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。1977年に『スター・ウォーズエピソード4/新たなる希望』が全米で公開されてから42年。永きに渡り紡がれてきた伝説と呼べる唯一の映画の完結編であり、スカイウォーカー家の物語を描く最後の「スター・ウォーズ」、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が12月20日(金)全世界で公開。

日本では全国378劇場962スクリーンで公開。世界中のファンが終わりを迎える事に、一抹の寂しさを抱えながらも迎えた運命の日。前夜祭上映を含めた、オープニング3日間で興行収入15億7,046万円、動員101万8,851人を記録。この数字は、今年の実写映画のオープニング記録の『アベンジャーズ/エンドゲーム』の初日3日間の14億6,980万円/動員:97万人を塗り替え、最終的に興行収入:120億円を突破した『アラジン』の13億9,660万円/動員:95万人の記録をも超えて、2019年度1位を獲得した。

世界中でも続々と初登場1位を記録。北米では週末で1.7億ドルを超え初登場1位、さらに中国・イギリス・ドイツ・ブラジルなど約50の国と地域で驚異的な成績で初登場1位を獲得。全世界のオープニング興行収入は3.73億ドル(約410億円)を超えている。(Box office mojoより/1ドル⁼110円)。

J.J.エイブラムス監督は公開に際して次のように語っている。
「僕は大きな責任を感じている。これまで応援してくれたファンに最高なものを届けたい。そして新たなファンとも出会いたい。何千時間も費やして作り上げて、すべての皆さんに“感動を与えたいんだ」

この冬最大の注目作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、全国の劇場で大ヒット公開中。

ストーリー

数々の金字塔を打ちたて、エンターテイメント史において伝説と呼べる唯一の映画「スター・ウォーズ」。時代の寵児となったJ.J.エイブラムスが再び監督を務め、スカイウォーカー家の“家族の愛と喪失”の物語は、ついに42年に渡る歴史に幕を下ろす。祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎ、わずかな同志たちと立ち上がるレイ。スカイウォーカー家を中心とした壮大な<サーガ>の結末は、“光と闇”のフォースをめぐる最終決戦に託された――。

作品情報

【監督】J.J.エイブラムス
【製作】キャスリーン・ケネディ、ミシェル・レイワン
【キャスト】[レイ]デイジー・リドリー[カイロ・レン]アダム・ドライバー[フィン]ジョン・ボイエガ[ポー・ダメロン]オスカー・アイザック

[ルーク・スカイウォーカー]マーク・ハミル[レイア・オーガナ]キャリー・フィッシャー[ランド・カルリジアン]ビリー・ディー・ウィリアムズ

[マズ・カナタ]ルピタ・ニョンゴ[ハックス将軍]ドーナル・グリーソン[ローズ・ティコ]ケリー・マリー・トラン[チューバッカ]ヨーナス・スオタオ

[C-3PO]アンソニー・ダニエルズ[コニックス]ビリー・ラード

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com