『スウィング・キッズ』本予告|EXO D.O.が華麗なタップダンス!

【本予告編・ポスタービジュアル】
『スウィング・キッズ』
2020年2月21日(金) シネマート新宿 ほか全国ロードショー

K-POPグループEXOのD.O.が主演を務める映画『スウィング・キッズ』の日本公開日が、2020年2月21日に決定し、本予告編&ポスタービジュアルが到着した。

本作は、戦時中に結成されたタップダンスチームというユニークな題材を基に、人種や思想・イデオロギーを超え、ダンスでひとつになっていく人々のストーリーが感動的に描いている。

到着した本予告編では、K-POPダンスで磨きをかけた身体能力を遺憾なく発揮し、タップダンスから北朝鮮の方言まで、約5ヶ月間に及ぶ猛特訓をこなし、ダンスに魅了された朝鮮人民軍ロ・ギス役を見事に演じきったD.O.の姿が映し出される。

役作りのために減量や剃髪といった外見的な変身はもちろん、難易度の高いタップダンスまで完璧にこなしているD.O.に対し、本作のメガホンを取った『サニー 永遠の仲間たち』のカン・ヒョンチョル監督は、俳優・D.O.の人生に運命というものがあるならば、この映画と出会う運命が必ずあっただろう。どのカットでも確信がさらに強まり、それ以上言葉が必要ないロ・ギスそのものだった」と賛辞を送った。

ストーリー

1951年朝鮮戦争中、最大規模の巨済島捕虜収容所。新しく赴任してきた所長は収容所の対外的イメージアップのため、戦争捕虜でダンスチームを結成するプロジェクトを計画する。収容所一番のトラブルメイカー、朝鮮人民軍のロ・ギス、4ヶ国語をあやつる満州出身の無許可通訳者ヤン・パンネ、いなくなった妻を捜す朝鮮民間人捕虜のカン・ビョンサム、ダンスの実力を持つものの栄養失調の中国人捕虜シャオパン、そして彼らのリーダーとなる、前職ブロードウェイタップダンサーの黒人下士官ジャクソンまで、紆余曲折の末に集まった彼らの名は“スウィング・キッズ”!それぞれの事情でダンスをすることになった彼らに公演の話が舞い込むが、国籍や身分の異なる寄せ集めダンスチームの前途はいかに――。

公開情報

『スウィング・キッズ』
【キャスト】
D.O.(EXO) 『神と共に 第一章:罪と罰/第二章:因と縁』、ジャレッド・グライムス
パク・ヘス「ヨンパリ」『あなた、そこにいてくれますか』、オ・ジョンセ『操作された都市』、キム・ミンホ「七日の王妃」
【スタッフ】
監督・脚本:カン・ヒョンチョル『サニー 永遠の仲間たち』/製作総指揮:キム・ウテク『新感染 ファイナル・エクスプレス』
撮影:キム・ジヨン『天命の城』、編集:ナム・ナヨン『天命の城』/音楽:キム・ジュンソク『サニー 永遠の仲間たち』
2018年/韓国/133分/5.1ch/日本語字幕:根本理恵/原題:스윙키즈/英題:SWING KIDS/配給:クロックワークス
© 2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & ANNAPURNA FILMS. All Rights Reserved.
公式サイト:http://klockworx-asia.com/swingkids/

他の記事も読む

関連記事

EXO D.O.主演 『スウィング・キッズ』特報&ティザービジュアル|2020年1月公開決定!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com