「ヤラれた。参った。痺れた。」イ・ビョンホン 『天命の城』著名人から惜しみない称賛の声が到着!

©︎2017 CJ E&M CORPORATION and SIREN PICTURESALL RIGHTS RESERVED

『トガニ 幼き瞳の告発』『怪しい彼女』のファン・ドンヒョクが監督を務め、イ・ビョンホンとキム・ユンソクをW主演に迎えた歴史大作『天命の城』が6月22日(金)より全国ロードショー。シネマズ独占で著名人コメントが到着した。

本作は、極寒の地で繰り広げられる朝鮮王朝の存亡を賭けた男たちの熱き47日間の闘いを描く。王と民が生き延びることを第一に考え、清との和平交渉を主張する吏曹大臣チェ・ミョンギル役をイ・ビョンホン。そしてもう一人、大儀と名誉を重んじ最後まで戦うことを主張する礼曹大臣キム・サンホン役を『チェイサー』『哀しき獣』のキム・ユンソクが務める。また、2 人の大臣の対立の中で決断を迫られる朝鮮国王・仁祖には『神弓-KAMIYUMI-』のパク・ヘイル、山城の鍛冶屋役にコ・スと、韓国映画界を代表する俳優陣の豪華共演となっている。さらに、音楽を手掛けた坂本龍一は本作が韓国映画念願の初参加となる。

切迫した逆境の中、国と民のためにそれぞれの信念、覚悟をぶつけ合う男たち。一国の天命を背負った彼らの誇り高き生き様が、国境を越え、時代を超え心を揺さぶる壮大な物語となっている。

著名人コメント

パク・チャヌク(映画監督『お嬢さん』)
ファン・ドンヒョク監督は近年稀にみる「品格」のある素晴らしい映画を生み出した。

坂上忍(俳優)
ヤラれた。参った。痺れた。観終わった後、しばらく放心した。 これだけ言葉を並べても、まだ褒め足りないっす。

姜尚中(東京大学名誉教授)
屈辱に耐えて生きるのか、死をもって大義に殉じるのか。大国に翻弄される朝鮮王朝の運命は。 酷寒の冬景色が鮮やかな悲運の色に染まり、悲哀に満ちたリーダーたちの高い志操が心を打つ。

浜村淳(パーソナリティ)
風が泣く。雪が狂う。山頂の城に水もなければ食料もない。 陰謀と裏切りの渦の朝鮮動乱を救う勇者は出現するのかどうか?

新垣隆(音楽家)
抑制された坂本龍一さんの音楽は映像の色調に「正格」に溶け込む。そしてその音調は、 かの氏の名作『京城音楽』と通ずるものだった。

松村厚久(DD ホールディングス代表取締役社長)
死と隣合わせの激動の時代を背景に、民を想い、国の未来を考え、 大きな決断を迫られた漢たちの葛藤と覚悟には、心底感銘を受けた

関連記事

『MASTER マスター』、イ・ビョンホン VS カン・ドンウォン×キム・ウビン、こんな韓国映画を待っていた!
韓国映画には復讐大喜利を考える人がいるはず
多部&要が動画で紹介!映画『あやしい彼女』各国版との違いとは?

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com