岡田准一『ザ・ファブル』×レディー・ガガ主題歌 スペシャルコラボムービー解禁!

【ミュージックトレーラー】
『ザ・ファブル』

6月21日(金)全国公開

映画『ザ・ファブル』より、本編映像を使用した、レディー・ガガが歌う主題歌「ボーン・ディス・ウェイ」ミュージックトレーラーが到着した。

圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋・通称”ファブル”。この主人公のファブル/佐藤アキラ役には、岡田准一。共演に、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤二朗、佐藤浩市など超豪華俳優陣が集結。5月13日(月)に行われた完成披露イベントでは、主演の岡田をはじめとした超豪華キャスト陣が新宿のど真ん中でレッドカーペットを練り歩き、話題騒然となった。

ミュージックトレーラーは、モーショングラフィックやアニメーションを多用し、いままでの予告編などのイメージと異なり、アーティスティックに本編映像が展開されていく。ファブルは指で額をトントンと叩くことで「殺し屋(ファブル)」と「普通の一般人(佐藤アキラ)」を切り替えるがこの動きも、映像ではおしゃれにフューチャー。この動きが入ってからの映像中盤からは、「普通の一般人」である佐藤アキラとしてのキャラクター性や、アキラを取り巻くヨウコやミサキ等のキャラクターが「ボーン・ディス・ウェイ」の曲調に合わせリズミカルに展開する。さらに映像後半には、今回初解禁となったヨウコがハイキックを決めるアクションや、ファブルの落下アクションなども登場する。

また、公開まで「5週連続ファブルフライデー」と称し、アクションや笑いにフューチャーした特別映像を毎週金曜日に解禁している。

公式HPスペシャルムービーページ:http://the-fable-movie.jp/special_movie.html

ストーリー

どんな相手も6秒以内に殺す――。
“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!

公開情報

作品名:『ザ・ファブル』
出演:岡田准一
木村文乃 山本美月
福士蒼汰 柳楽優弥  向井理
木村了 井之脇海 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 宮川大輔
佐藤二朗 光石研 / 安田顕 / 佐藤浩市
原作:南勝久『ザ・ファブル』
(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン
主題歌:レディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」(ユニバーサル ミュージック)
脚本:渡辺雄介
配給:松竹
公開:6月21日(金)
コピーライト:©2019「ザ・ファブル」製作委員会

他の記事も読む

関連記事

岡田准一『ザ・ファブル』多彩な追加キャスト一挙解禁|あの人気キャラも実写化!?
『ザ・ファブル』岡田准一インタビュー&メイキング映像解禁!
岡田准一『ザ・ファブル』特報が初解禁!
岡田准一、初の“殺し屋”役に!『ザ・ファブル』豪華キャストで映画化決定!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com