『THE GUILTY/ギルティ』本編映像|これが音だけの新感覚サスペンス!

【本編映像】
『THE GUILTY/ギルティ』

2019年2/22(金) 新宿武蔵野館/ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

デンマーク発の新感覚サスペンス『THE GUILTY/ギルティ』の本編映像が解禁された。

本作は、88分間、映し出されるのは舞台となる緊急通報司令室と、主人公であるオペレーターの男のみという、まさに“新感覚サスペンス”映画。今回解禁されたのは、そんな本作の核となる、誘拐事件発生の通報を受ける瞬間を捉えた緊迫の映像となっている。

ストーリー

緊急通報指令室のオペレーターであるアスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、交通事故による緊急搬送を遠隔手配するなど、些細な事件に応対する日々が続いていた。そんなある日、一本の通報を受ける。それは今まさに誘拐されているという女性自身からの通報だった。彼に与えられた事件解決の手段は”電話”だけ。車の発車音、女性の怯える声、犯人の息遣い…。微かに聞こえる音だけを手がかりに、“見えない”事件を解決することはできるのか―。

公開情報

『THE GUILTY/ギルティ』
2019年2/22(金) 新宿武蔵野館/ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
出演:ヤコブ・セーダーグレン、イェシカ・ディナウエ、ヨハン・オルセン、オマール・シャガウィー
脚本・監督:グスタフ・モーラー  製作:リナ・フリント 脚本:エミール・ナイガード・アルベルトセン 
撮影監督:ジャスパー・スパニング 
編集:カーラ・ルフェ  
音楽:オスカー・スクライバーン 
提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ 
配給:ファントム・フィルム 
原題:The Guilty|2018年|デンマーク映画|スコープサイズ|上映時間:88分|
© 2018 NORDISK FILM PRODUCTION A/S

他の記事も読む

関連記事

『THE GUILTY/ギルティ』ほか、個性豊かな北欧映画が2019年も熱い!
デンマーク発サスペンス『THE GUILTY/ギルティ』予告編!サンダンス観客賞を受賞したその内容とは?
「電話」を使用した緊迫のサスペンス映画、注目の5選
蜘蛛の巣を払う女』ほか、2019年の幕開けに観たい、注目の北欧サスペンス映画3作品

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com