ヨアキム・トリアー新作『テルマ』、ホラーだけど現場はほのぼの!?舞台裏写真を独占入手!

©PaalAudestad/Motlys

第90回アカデミー賞と第75回ゴールデン・グローブ賞の外国語映画賞ノルウェー代表作品であり、世界の映画祭で絶賛された北欧ホラー『テルマ』が2018年10月20日(土)より公開される。この度、本作のメイキング写真を独占入手した。

長編映画の監督デビューからわずか4作ながら、カンヌを始めとする世界の権威ある映画祭の常連となって数々の賞に輝き、北欧を代表する監督となった鬼才、ヨアキム・トリアーが監督・脚本を務めた本作。これまでは、人間の抱えるさまざまな問題に向き合ったヒューマンドラマを描いてきたが、本作では初のジャンルものに挑戦し、新たな才能が爆発。トロントやニューヨークなど名高い映画祭で賞賛され、世界最大級の映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」では93%FRESH(2018年7月23日時点)の高評価を叩き出した、美しくも 恐ろしいイノセントホラーを完成させた。

©PaalAudestad/Motlys

主人公のテルマを演じるのは、ノルウェーで子役から活躍していたエイリ・ハーボー。敬虔な信仰心と初めて覚えた欲望に引き裂かれながら、自分の中に眠っていた“恐ろしい力”と向き合うテルマを繊細かつ鮮烈に演じ、本作でノルウェーのアカデミー賞にあたるアマンダ賞にノミネートされた。2018年にはベルリン国際映画祭シューティング・スター賞を受賞するなど、ヨーロッパで最も期待されている若手女優の一人となった。テルマと惹かれあうアンニャに扮したのは、オケイ・カヤの名前で、ロンドンやニューヨークを拠点にミュージシャンとして活躍するカヤ・ウィルキンス。本作で映画デビューを果たし、女優としての才能を開花させた。また、テルマの父親にヘンリク・ラファエルソン、母親にエレン・ドリト・ピーターセンが扮し、北欧で最もリスペクトされる名優陣が脇を固める。

©PaalAudestad/Motlys

独占入手したのは、ホラー映画らしからぬ、現場はとてもほのぼのしていたことが窺い知れるメイキング写真。『オスロ、8月31日』(未公開)や『母の残像』など、人間の心に秘めた闇を繊細に描き出すことが得意なヨアキム・トリアーだが、その素顔はとても優しく、キャストやスタッフと楽しそうに撮影を進める姿がとても印象的だ。

©PaalAudestad/Motlys

主人公テルマを演じたエイリ・ハーボーについて、監督は「今回1000人以上の俳優をリサーチして、エイリを見つけたんだ。彼女に出会ったとき、普通の才能の持ち主ではないことにすぐに気付いたよ。成熟さと純粋さの両方を兼ね備えていて、彼女ならテルマが大人になっていく過程を表現できると確信したんだ」と話す。一方で、エイリは「もともとヨアキム作品の大ファンだったから、オーディションで彼に会った時はとても興奮したの!肉体的にも感情的にも演じるうえで困難な面もあったけれど、ヨアキムが助けてくれた。すべての過程で彼との仕事は素晴らしい体験だったわ」と、お互いに全幅の信頼を寄せていたことを明かしている。本編ではシリアスな表情が多いエイリだが、撮影現場では常にパワフルでキュートな笑顔でスタッフを癒していたことが伺える貴重なメイキング写真となっている。

©PaalAudestad/Motlys

©PaalAudestad/Motlys

映画『テルマ』は、2018年10月20日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー。

ストーリー概要

ノルウェーの人里離れた田舎町で、信仰心が深く抑圧的な両親のもとに育った少女テルマ。なぜか彼女には、幼少期の記憶がな い。オスロの大学に通うため一人暮らしを始めたテルマは、同級生のアンニャと初めての恋におちる。募る欲望と罪の意識に引き裂かれながらも、 奔放な彼女に強く惹かれていくテルマ。だが、それは封印されたはずの“恐ろしい力”を解放するスイッチだった―。 テルマは不可解な発作に襲わ れるようになり、その度に周りで不気味な出来事が起こる。そんな中、アンニャが忽然と姿を消してしまう。果たして、テルマの発作とアンニャ失踪の 関係は? 両親が隠し続けてきたテルマの悲しき過去が明かされる時、自分すら知らない“本当の自分”が目覚め始める―。

関連記事

『クワイエット・プレイス』公開記念、全米が絶賛した高評価ホラー映画特集
実在する屋敷、凶暴な女、怪奇現象…。今年あなたはどれを見る? 2018年夏を彩るホラー映画3作品

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com