『嘘八百 京町ロワイヤル』ポスタービジュアル&特報映像|中井貴一×佐々木蔵之介最強タッグシリーズ第2弾

【ポスタービジュアル・特報映像】
『嘘八百 京町ロワイヤル』
2020年1月TOHOシネマズ 日比谷 他 全国ロードショー

中井貴一、佐々木蔵之介W主演『嘘八百』シリーズ第2弾のタイトルが『嘘八百 京町ロワイヤル』に決定し、第1弾ポスタービジュアルと特報映像が解禁された。

解禁された第1弾ポスタービジュアルは茶目っけたっぷり!中井演じる大物狙いで空振りばかりの古物商・小池則夫と、佐々木演じる腕は立つがくすぶっている陶芸家・野田佐輔の骨董コンビがジェームズ・●ンドさながらのりりしい表情で立ち、その傍らには●ンド・ガールを彷彿とさせる美しい着物姿の広末涼子演じる橘志野が寄り添う。そして、その後ろには「0●7」ならぬ「800」の黄金のタイトルロゴと「お宝の都より愛を込めて」のキャッチコピーが!

併せて解禁された特報映像には中井、佐々木、広末に加え、前作から引き続き出演する佐輔の妻・康子役の友近、則夫の娘・いまり役の森川葵や、新キャストの有名古美術店の店主・嵐山役の加藤雅也、大御所鑑定家・奥野役の竜雷太、人気の陶芸王子役の山田裕貴らも登場している。

ストーリー

かつて、大阪・堺で幻の利休の茶器で大勝負を仕掛けた古物商の則夫と陶芸家の佐輔。二人はそれぞれの人生を送っていたが、ひょんなことからお宝眠る古都・京都で再会を果たす。そこで出会ったのは、着物美人の志野。彼女のけなげな想いにほだされて、二人は利休の茶の湯を継承し「天下一」と称された武将茶人“古田織部”の幻の茶器にまつわる人助けに乗り出すが・・・。それは、有名古美術店や大御所鑑定家、陶芸王子、テレビ番組をも巻き込む大騒動に――。

公開情報

『嘘八百 京町ロワイヤル』
出演:
中井貴一 佐々木蔵之介
広末涼子 友近 森川葵 山田裕貴
坂田利夫 前野朋哉 木下ほうか 塚地武雅  /竜雷太 /加藤雅也
監督:武正晴  脚本:今井雅子 足立紳  音楽:富貴晴美
制作プロダクション:アークエンタテインメント
配給:ギャガ
©2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会

他の記事も読む

関連記事

「映画作りも結局“嘘八百”と思えた」『嘘八百』武正晴監督インタビュー

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com