【特報】『約束のネバーランド』|2020年12月18日(金)公開

『約束のネバーランド』|2020年12月18日(金)公開

予告編

実写版『約束のネバーランド』のティザーポスターと30秒の特報が解禁された。

「孤児院で幸せに育てられていた子どもたちは、実は食用児として鬼に献上されるために飼育されていた」という、衝撃的な導入で始まる本作。天真爛漫で誰よりもまっすぐな性格の主人公・エマを浜辺美波が、現実主義者でクールな少年レイを城桧吏が、理性的でリーダー格のノーマンを板垣李光人が、オーバーアクションと様変わりする表情を持つクローネを渡辺直美が、慈愛の微笑みを持ちながら冷徹な表情を垣間見せるママ界のトップオブトップであるイザベラを北川景子が演じる。

ストーリー

幸せに満ち溢れた楽園のような孤児院、「グレイス=フィールドハウス」。そこで暮らす孤児たちは、母親代わりでみんなから“ママ”と呼ばれているイザベラ(北川景子)のもと、里親に引き取られる年齢になる日を待ちわびていた。エマ(浜辺美波)、レイ(城桧吏)、ノーマン(板垣李光人)の3人も、いつか外の世界で暮らすことで、より幸せな日々がやってくると信じていた。“その日”がくるまでは……。
里親が見つかり、孤児院を笑顔で後にするコニーを見送ったエマとノーマンは、彼女が肌身離さず抱きしめていた人形が、食堂に落ちているのを偶然見つける。忘れ物の人形を届けるため、決して近づいてはいけないとママから教わっていた「門」に向かった2人がそこで目にしたのは、無残にも命を奪われ、食料として出荷されるコニーの姿だった。
そう、みんなが「楽園だと信じていた孤児院」は、実は「鬼に献上する食用児を育てる農園」で、さらには母親のように慕っていたママは「最上級の食用児を育てる飼育監」だったのだ。
全てが偽りだったと気がついた3人は、孤児たち全員を引き連れた、無謀ともいえる脱獄計画をスタートさせる…。

作品情報

原 作 :「約束のネバーランド」白井カイウ・出水ぽすか(集英社ジャンプコミックス刊)
公開日 :12月18日(金)
監 督 :平川雄一朗
脚 本 :後藤法子
出 演 :浜辺美波、城桧吏、板垣李光人 渡辺直美 北川景子 ほか
配 給 :東宝㈱
撮影期間:2019年8月~9月(東京都内、長野県、山梨県、福島県 他)
コピーライト:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社 ©2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

⇒他の記事も読む

関連記事

実写版『約束のネバーランド』“飼育監”役は北川景子&渡辺直美に決定!
「約束のネバーランド」浜辺美波主演で実写映画化!“異色”の脱獄サスペンス

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com