アキラ100%、“大橋彰”名義で映画初出演へ!映画『ゆらり』予告解禁

西条みつとし主宰の劇団・TAIYO MAGIC FILMの舞台を岡野真也&内山理名のW主演で映画化する『ゆらり』の予告動画が解禁となった。また、ピン芸人のアキラ100%が、大橋彰の名義で映画初出演を遂げることも明らかとなった。

岡野真也・内山理名W主演『ゆらり』にアキラ100%

ゆらり 岡野真也

映画『ゆらり』は、古都・石川県の老舗旅館「赤木箱」を舞台に、「あの時、伝えられなかった想い」を抱える人々が、時を超えて家族の絆を取り戻す姿を、笑いと涙で描いたヒューマン・ファンタジー作品。お笑い芸人として活躍後、放送作家に転向、人気芸人のコントを手掛ける一方、映画やドラマの脚本家として活躍、さらに劇団「TAIYO MAGIC FILM」を主宰する西条みつとしが、2013年、2015年に上演して好評を博した同劇団の代表作を、西条自身の脚本で映画化する。

ゆらり サブ2

現在、未来、過去の三部構成となる本作で、現在のシーンで老舗旅館「赤木箱」の女主人・泉凛香を岡野真也、未来のシーンで凛香の娘でシングルマザーとして一人息子を育てる木下ゆかりを内山理名がW主演で演じるほか、戸次重幸、萩原みのり、山中崇、遠藤久美子、寿大聡、夏緒、筧礼、高橋幸聖、小築舞衣、弥尋、青木さやか、平山浩行、渡辺いっけい、鶴田真由 らが脇を固める。メガホンをとるのは、数々のドラマやMVを手掛け、本作が劇場映画初監督となる横尾初喜監督。

ゆらり サブ9

このたび解禁となった予告動画では、ハルカトミユキが歌う主題歌「手紙」とともに、現在・未来・過去のそれぞれのシーンとともに、それぞれの家族たちの悲喜こもごもが映し出されている。また、今回の映像では、本作で映画初出演を遂げるピン芸人のアキラ100%こと大橋彰の演技の一部を確認することができる。

今回の情報解禁に併せて、大橋彰(アキラ100%)と横尾初喜監督からのコメントがシネマズに到着している。

大橋彰(アキラ100%)

ゆらり サブ6

今回初めての映画ということで、お笑いのライブばかり出ている私にとっては本当に緊張する現場でした。リハーサルをやる前から汗が止まらなかったです。そして作品を見た時、自分の演技を直視できなかったです。舞台の時は、高山という役をやらせていただきました。同じくらいの年齢だと思うのですが、心に棘が刺さっている感じを表現するのが難しかったです。舞台の時の観客のみなさんの反応は、物語が進むにつれ観客のみなさんがストーリーにどんどんと引き込まれているのがわかりました。自分自身、台本を読んでいるのに稽古の段階で心を揺さぶられることもありました。確実に舞台と客席が1つになっていたと思います。『ゆらり』の魅力は、やはり物語性なのではないでしょうか?親子のつながり、家族の温かさが沁みる作品だと思います。しばらく親に会っていないという方がいたら、映画を見た後すぐ電話したくなるんじゃないでしょうか?

横尾初喜監督

母子家庭で育った自分にとって、家族というテーマは切っても切り離せない題材です。西条みつとしさん主宰の劇団TAIYO MAGIC FILMの「ゆらり」初演を見終わった後、涙ながら自分の一作目の長編映画はこれだと心に決め、西条さんに映画化させていただきたいとお話しさせていただいたことが、ついこの前のように感じます。この作品に出てくる人物の皆が、温かく優しい。脚本を西条さんと進めさせていただく中で、一番大事にした部分です。父と娘、母と息子、母と娘。全てのキャストの皆さんが、実を持って演じてくださいました。

アキラさんは、『ゆらり』の舞台から西条さんの舞台でずっと拝見させてもらっていて、とても表現の豊かな役者さんだなと思っていました。後に、お盆芸の芸人さんと同一人物だと知ってとてもビックリしました(笑)映画にも参加いただき、ありがとうございます。

家族の温かさがいっぱい詰まった作品です。1人でも多くの方が、見てくださり、見終わった後に、それぞれが自分の家族のことを想っていただけたら、幸いです。

ゆらり ポスター

映画『ゆらり』は2017年11月4日(土)より、池袋シネマ・ロサほか全国順次公開。

(C)2017映画「ゆらり」製作委員会

関連記事

戸次重幸、妻・市川由衣が妊娠中に「父親の自覚は芽生えていた」
おじいちゃんが死んだ時…してたんだな―岸井ゆきの映画初主演作、ティザー予告
この人エロいな…って!池田エライザ&中尾暢樹W主演『一礼して、キス』特報
中条あやみら『覆面系ノイズ』劇中バンドがデビュー決定!楽曲はマンウィズ
板尾監督が描く本気の2人…菅田将暉&桐谷健太W主演『火花』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事