PR

芸人・キンタロー。笑いの原動力となる3つのナルホド― sponsored by iPhone修理工房

キンタロー。 インタビュー 結婚 夫婦生活

お笑い界のみならず、様々なフィールド活動する芸人「キンタロー。」。彼女にとって“お笑い”とは何か?そして、彼女の今後の活動について話を伺った。

――お芝居やダンスなど様々な活動をされていますが、そもそも芸能界を目指したきっかけは?

目立ちたがり屋な性格だったんです。だけど、友達は決して多いタイプではなくて、ある時に家で家族のみんなが笑ってくれた、私のちょっとした仕草を学校でもやってみたら、みんなが大笑いしてくれたんです。

――それで笑ってくれる喜びを感じたと。

笑ってくれることが嬉しくて、これを仕事にしたいと強く思うようになりました。それで、高校卒業後は笑いの本場である大阪を目指すため、大学進学は大阪の大学に決めたんです。

キンタロー。 インタビュー iPhone修理工房 全国

――社交ダンスは、大学時代からされていますよね。芸人と社交ダンスって、また大きく違いませんか?

私が始める前から妹がダンスしていたんです。ある時に、妹のダンスの発表会を観に行ったら、家で私とふざけている妹が、別人のように踊っていて、すごく輝いて見えたんです。

――それでダンスの世界に?

それはあくまでもきっかけの一つです。ただ、目立ちたがり屋の私にとって、その光景は強く印象に残りましたね。

――他の理由とは?

大学に入ったときに、芸人を志すにしても、引き出しは多いほうがいいなと、何か部活に入ろうと思って、それで目に止まったのが社交ダンスでした

それまでは、社交ダンスといえば、ゆったりと優雅な踊りのイメージでしたが、目の前で繰り広げられていたのは、想像もしてなかったような激しいダンスだったんです。

――チャ・チャとか激しいですよね。

それで表情も嘘くさいというか、こんな表情をしていて……

キンタロー。 インタビュー 結婚 ダンス 旦那

非現実的な世界に一気に引き込まれて、競技ダンス部の門を叩きました。

キンタロー。 インタビュー iPhone修理 激安
※こちらはCM上の演出です。良い子は決して真似しないでください。

――それにしても女性で「キンタロー。」という芸名は変わっていますよね。

地元の名古屋を歩いていた時に、ふと「金太郎」というお店の看板が目に入ったんです。そのあともずっと焼肉屋、金物屋、美容院、居酒屋と次々に「金太郎」という名前の入った看板が目に飛び込んできたんです

――そんなに目にしないですよね。

そうなんですよ。その時も「桃太郎ならまだしも、金太郎ってそんなに使われてたっけ?」と不思議になって、どんどん頭の中に「金太郎」が埋め尽くされていったんです。まるで好きな人が出来て、気になって仕方ないような感じに。

――つまり初恋の相手は、金太郎ってことですね。

キンタロー。 インタビュー 変顔 結婚

……あ、はい。

――それで?

もしかしたら「キンタロー」という名前にした方がいいの?と。確かに女でキンタローって居ないし、これは笑いの神がそうしなさいと言ってるだと思って、決めました。

キンタロー。 インタビュー iPhone 破壊
※こちらはCM上の演出です。良い子は決して真似しないでください。

 

――キンタロー。さんと言えば、モノマネ。ご主人とも、モノマネの番組で出会われたんですよね。どういうきっかけでご主人とお付き合いするように?

私の担当ディレクターだったんです。それで、親身になって仕事の話を聞いてもらっているうちに「いいなぁ」と思う瞬間が増えてきたんです。

――アプローチはどちらから?

特にどちらからともなく、お互いって感じでした。一緒にご飯を食べに行ったりして「一緒にいると落ち着くよね」と言われたりしていると、相手も私のことを意識してくれているのかなと。そんなのがお互いの中で起きていたようです。

――キンタロー。さんって一発ギャグとか無いんですか?

ありますよ。パンキュパイです。

―パンキュパイ。

パンキュパイ。

キンタロー。 インタビュー パンキュパイ

キンタロー。 インタビュー 黒宮丈治

――iPhone壊したことありますか?

突然ですね。何度かあります。

――どんなシチュエーションですか?

電話してて、手から滑り落ちて液晶が割れたことが2回、あと水没も経験しています。今使っているのは、使用後の便器に入ったやつなので、ビタミンCたっぷりです。

 

――話がそれましたね。

いや、そらしましたよね?

 

キンタロー。 インタビュー iPhone修理工房

――キンタロー。さんにとって「笑い」とは何ですか?

コミュニケーションツールです。私が人とつながるための手段ですね。
私は決してしゃべりが上手い方じゃない。だけど、言葉で笑わせることが難しくても、表情や仕草でも笑わせることができる。そもそも人が笑顔になる瞬間が大好きで、人が笑っているのを見ると安心するんです。だから、これからも笑いというコミュニケーションツールを通して、人とつながっていきたいなって。

――今後、進んで行きたい道は?

舞台でミュージカルをやっているんですが、ミュージカルはお笑いも、ダンスも歌も全ての要素を詰め込むことが出来るんです。いろんな衣装も着れて、お客さんに見てもらえてと、自分のしたいことが全部詰まっているので、もっとやっていきたいと思っています。

キンタロー。 インタビュー iPhone 保険修理

――目標とする人はいますか?

片岡鶴太郎さんですね。年齢にあった人の楽しませ方をされていて、ああいう風に歳を重ねられたらなと思います。

――笑いの仕事は死ぬまで続けていきたい?

お笑いの仕事は、自分自身というか、辞めたら私は何もなくなっちゃうと思うんです。
OLで事務職をしていた時もあったんですが、その時は何をやっても出来ない自分がいました。今はこうして毎日、人の笑顔を見ることができて、辞めたいと思えないんです。だから、死ぬまでやっていきたいですね。

キンタロー。 インタビュー iPhone修理工房
※こちらはCM上の演出です。良い子は決して真似しないでください。

キンタロー。 iPhone 破壊

「あの……」

キンタロー。 iPhone 液晶修理

「これなんで、壊しちゃったんですか?」

――だって僕はiPhone修理工房の「モバイル保険」に加入しているから!

キンタロー。 iPhone 液晶修理 保険

「iPhone修理工房の「モバイル保険」??」

iPhone修理工房の「モバイル保険」はこんなに凄い!

説明しよう。iPhone修理工房で加入できる「モバイル保険」は、モバイル端末の修理金額をお得に補償してくれる、モバイル端末専用の保険!

なんと!1契約で最大3台のモバイル端末を、年間合計10万円までなら修理費用を全額補償してもらえるんです。

iPhone 修理工房 液晶修理 保険

しかも、対象のモバイル端末は、スマートフォンやタブレットのみならず、Wifi・Bluetooth・赤外線などの無線通信が出来る端末なら、テレビやデジカメ、ノートパソコンだってOK。

月額700円で、最大10万円までの修理代金を何度でも補償してくれるという太っ腹な保険なんです!

1つの契約で、端末が最大3台まで登録可能なので、1台あたり月額200円くらいでお得に使えちゃいますよ。

キンタロー。 iPhone 液晶修理 保険 変顔

「すごいお得じゃないですか!」

故障や破損、水没も対象で、さらに盗難やメーカー修理不可能なものも、最大2万5千円までの見舞金を支給してくれる内容も含んでいます。

営業で全国に行くキンタロー。さんも、iPhone修理工房で「モバイル保険」に入れば、全国にあるiPhone修理工房で修理補償がすぐに受けられて安心!旅先での修理にも、ぜひiPhone修理工房をご活用ください。

キンタロー。 インタビュー おっぱい ネタ

「パンキュパイ」

――いや、ずいぶんと突然ですね。それが返事的な?

キンタロー。 インタビュー iPhone 液晶修理 全国

「ええ…」

――じゃあ、困った時は?

キンタロー。 インタビュー おっぱい ネタ

「パンキュパイ」

―そこは「iPhone修理工房」でしょう。

「パンキュパイ……」

キンタロー。 インタビュー パンキュパイ 動画

そんな、キンタロー。さんが、iPhone修理工房のイメージキャラクターをつとめたサイトはこちらです!

“パンキュパイ”は封印して、iPhone修理工房の特徴を分かりやすく解説してくれています!ぜひ、そちらも御覧ください。

キンタロー。 iPhone 液晶修理 保険 変顔
iPhone修理工房

キンタロー。 iPhone 液晶修理 保険 変顔

「モバイル保険」説明ページ

キンタロー。 iPhone 液晶修理 保険 変顔

(提供/iPhone修理工房 出演/キンタロー。 企画・構成/黒宮丈治)


    ライタープロフィール

    黒宮丈治

    黒宮丈治

    大手家電メーカー営業マン、デザイナー、映像ディレクター、鳶職、探偵、水商売、ライブハウスの店長など30種以上の職種を渡り歩き現在はフリーライターとして活動。好きな映画は恋愛映画。幼き頃に食べた映画館でのアイスモナカが今も忘れられずにいる。

    ピックアップ

    新着記事