『アトミック・ブロンド』はサスペンスとハードボイルドが融合した女スパイ映画!

(C)2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

本日より公開の映画『アトミック・ブロンド』はハードボイルド作品が好きなら絶対におすすめの作品です。

女スパイ×ハードボイルド×サスペンス。それが「アトミックブロンド」

主人公はシャリーズ・セロンが演じるロレーン・ブロートン。金髪が特徴の、美しく、クールで、強靱な肉体を持つスパイという役どころ。タバコをくゆらす姿、服を着る動作、モデルのようなシルエット、さらにお酒を一気に飲み干すシーンはクールそのもの。

(C)2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

本作はロレーンが遂行したミッションをMI6のオフィスで振り返るという形で物語が進みます。MI6のオフィスで行われる報告はどこか心理戦にも似た雰囲気が漂い、会話の端々に何かの伏線が隠れているのではと常に意識させられるほど。

そんな一瞬でも気がつけない展開は、登場する全ての人物が疑わしく見えてくるほどです。

【あらすじ】
1989年、東西冷戦末期のベルリン。MI6の諜報員ロレーン・ブロートンは、世界の運命を握る最高機密リストを奪還し、裏切り者の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという極秘ミッションを受け、ベルリンへと潜入した。世界中のスパイがリストを狙い、真実も、嘘も、敵も、味方もわからない究極の状況下、果たしてロレーンと世界の運命は——。

これまでのスパイ映画と違う、生々しいアクションシーン

(C)2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

スパイと聞くと「クール」「秘密道具」「静かに敵を倒す」というイメージがあります。しかし本作のアクションシーンは全く逆のものでした。

ロレーン自身が身につけているのは、拳銃と周囲の会話を録音するレコーダーだけ。

しかし、決してガンアクションだけではなく、己の肉体で屈強な男どもに真正面から向かっていくゴリゴリの肉弾戦を見せてくれるのです。

そんなアクションシーンでおすすめしたいシーンが2つあります。

予告編でもそのシーンは確認できますが、ホースを警官の首に巻き付け、窓から外へ飛び降りて脱出するシーン。

また、後半には一体どれだけの相手をたった1人で倒すのかと思うほどの戦いが。ロレーンを倒そうと襲ってくるのは体格のマッチョな男ばかりなのですが、傷付きながらも1人、また1人と倒していくシーンはまさに死闘と言えます。

全編において、ロレーンの肉体的、精神的な強さが光る本作は、アクション映画に慣れている人でも手に汗握ることでしょう。

映像、音楽、カメラワークなどの演出にも注目!

(C)2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

実は見どころはアクションシーンだけではありません。映像、音楽、そしてカメラワークが本作をさらに彩っているのです。

スパイ映画というと静かに潜入するイメージがありますから、音楽も控えめで、緊張感が漂うシーンが多いと思いませんか?

しかし『アトミック・ブロンド』ではその真逆。音楽がガンガン流れるのです。

それは映画の舞台である1980、90年代のミュージックシーンを象徴する音楽で構成されています。ニュー・オーダーをはじめ、デビッド・ボウイ、デュラン・デュラン、クイーン、やザ・クラッシュをはじめ、当時を代表する曲が目白押し。

これは当時東ベルリンでは西洋の音楽やファッションが違法であり、当時の若者が憧れていた背景から来るもので、それを映画で表現しているとのこと。

他にも当時のベルリンの様子を色で表現しています。西ドイツでのシーンはネオンやライトが多く使われ、東ドイツでは逆に荒廃した感じを出すためにグレートーンを多用し、東西の違いを演出。

また、カメラワークにも注目して欲しいです。アクションシーンではロレーンのすぐ近くにカメラがあり、臨場感があふれるシーンに仕上がっています。どこかアートのように街を歩く姿だけでも映画を楽しめてしまう。そんなシーンもいくつかあります。

見どころが非常に多くなってしまいましたが、これらを全部踏まえると「アーティスティックで、ドキドキハラハラするサスペンススパイアクション映画」というところでしょうか。

稚拙な表現にはなってしまいましたが、『アトミック・ブロンド』を観た方は納得していただけるかと思いますし、『アトミック・ブロンド 2』はまだか!と思えるほど興奮する映画となっていますよ!

(文:澤田孝志)

関連記事

美女の壁ドン!『アトミック・ブロンド』妖艶のショット解禁!
シャーリーズ・セロン、艶めかしき最強の女スパイに!
アクション、ヌード、坊主まで!シャーリーズ・セロンて最強女優じゃない?

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com