ベビレ・高見奈央『ボクの女に手を出すな』3つの意外な◯◯に驚愕!

アイドル「ベイビーレイズJAPAN」と映画情報サイト「シネマズ by 松竹」が強力タッグ!映画とアイドルがコラボした“名作”を振り返る企画「ベイビーレイズJAPANのニワカ自己見」

この企画は、ベイビーレイズJAPANのメンバーから1人、先生役を担い、彼女たちが触れることが無かった、アイドル×映画の名作を鑑賞。“にわか仕込み”な先生=にわか先生になり、メンバーの1人を生徒役として、その作品の魅力ついて語るもの。

7回目となる今回は、ベイビーレイズJAPANのメンバーから“にわか先生”になるのは、“なおすけ”こと高見奈央。そして、“まなつ”こと林愛夏が生徒役になります。果たして、今回のにわか先生の授業はどうなるのか?

※本記事は、ネタバレを多く含みます。ご注意ください。

同時上映の主演は◯◯!

高見:はい、それでははじめます!

林:はい!

高見:今回、私が観たのは『ボクの女に手を出すな』です。なぜ、私がこの作品を選らんだのか言いますと、前回紹介したのが『セーラー服と機関銃』で、薬師丸ひろ子さんが主演。そして、今回の作品は……

林:あ!!

高見:主演が小泉今日子さん、キョンキョンです。この2人と言えば……

林:あまちゃん!

高見:正解!!

林:わーい!!

ボクの女に手を出すな 小泉今日子 ネタバレ

高見:高見奈央が続けて紹介することで、2人を引き合わせようと考えたわけです。

林:そうだったんだー(笑)

高見:ところがですよ!後々、作品について調べてみると意外なことがわかったんです。

林:なになに?

高見:当時の映画は“同時上映”といって、2作品を1枚の鑑賞券で観ることができたんですね。アニメでは今もまだやっていますよね。

林:今でも、アニメ作品ではあるよね。

高見:昔はそれが、アニメ以外も普通にあったんです。それで、今回紹介する『ボクの女に手を出すな』の同時上映が、薬師丸ひろ子さん主演の『紳士同盟』。

林:へーーー!!

高見:つまり、私が選ばなくても、既に引き合わされていたわけですね(笑)

林:でも、すごい偶然だね!

単なるドライブが、驚きの◯◯に!

高見:小泉今日子さんは、アイドルの中でも破天荒なイメージがあったそうなんですが、この作品では、まさに破天荒な不良娘を演じています。私の中では「あまちゃん」の肝っ玉母ちゃんなイメージでしたが、まさにそれの女の子版…言うならば“肝っ玉娘”になった感じの役なんです。

林:ねー!ジャケット見たら、有村架純さんに似てる!!

ボクの女に手を出すな 小泉今日子 DVD ジャケット
ボクの女に手を出すな[DVD]

高見:そうなんです!だから、クドカンさんの「あまちゃん」でのキャスティングは、頷けるなって感じでしたね。

林:純粋に感動!

高見:さて物語ですが、小泉さんが演じる不良娘・ひとみが、大豪邸に住む小学生のお坊ちゃま・進くんの家庭教師をすることになったことから、ある事件に巻き込まれていくお話です。

林:なんで、不良娘が家庭教師に?

ベイビーレイズJAPAN ニワカ自己見 ボクの女に手を出すな

高見:ひとみは、悪さばかりしていたことで、弁護士さんにお世話になるんですね。その弁護士さんから頼まれた仕事で、本人は中卒だし無理だと言いつつも、断れずに仕方なく引き受けることになったわけです。

林;でも、家庭教師続けられたの?

高見:結局は破天荒な教育が合わずに、追い出されてしまうんですね。

林:やっぱりー。

高見:ところがですよ、追い出されたひとみが、悪そうな男たちの車に乗り込んだ時に事件が起きます。なんと、進くんが勝手にその車に乗りこんでいたんです。

林:え!なんで!

ベイビーレイズJAPAN 高見奈央

高見:進くん自体は、ひとみのことを気に入っていたんですね。だから、車に乗り込んだ。そしてこのことが、大きな事件になります。なんと、その車は誘拐犯の車で、ひとみはハメられて、誘拐事件の犯人に仕立て上げられるんです。

林:急展開(笑)

ベイビーレイズJAPAN 林愛夏

高見:自分がハメられていることに途中で気づいたひとみは、進くんを連れて逃げ出します。ここから2人の予想外だった逃亡劇が始まるわけです。

二転三転!どんでん返し続きなストーリー

ベビレ 映画 コラム 連載

高見:小泉今日子さん。本人自体もとても可愛いんだけど、さらに服装が可愛いんです。

林:どんな感じなの?

高見:60年代?のファッションという感じ。メイクも、紫色の口紅をしていて、それが似合う小泉さんは、やっぱりスゴイなと。

林:なかなか似合わないよね。

高見:学ランを着るシーンもあって、男前なのに可愛らしいというギャップ萌えに、見ていて飽きなかったよね。

林:今も変わらず可愛いもんね。

高見:主題歌の「木枯らしに抱かれも」も大ヒット!

林:その曲、知ってる!

高見:それぐらい、映画自体が大ヒットしたんですよ。

林:今でも主題歌を知ってるっていうのはスゴイよね。

高見:物語は、逃亡劇がはじまってからが本当のスタートなんだけど、この作品は本当にどんでん返しが多いんです。

林:具体的には?

高見:仲間だと思っていた人が、実は敵だったということの繰り返し。そして、最初に車で連れ去った3人の誘拐犯がめちゃくちゃ怖いんです!無表情で、人質もいるのに本気で殺しにかかるんです。

林:え!怖い!

高見:最後のあたりで、進くんが「ひとみお姉ちゃんをいじめるな!」と言うシーンがあって、きっと映画のタイトルは進くんの言葉なんだろうなと。

林:えー、それキュンキュンする。

ボクの女に手を出すな 小泉今日子 解説

高見:そして、ハッピーエンドになるかなと思っていたら……

林:違うの?

高見:予想外な終わり方ですね。詳しくは映画を観てもらいた!あまりのどんでん返しの連続で、進くんが「あの人、いい人?悪い人?」という場面は、本当に複雑な気持ちになりましたね。

林:わ……

高見:小泉さんの可愛さと、そして二転三転と裏切られ続けるストーリー展開と、見応えたっぷりな作品なので、ぜひみなさん観てください!以上、本日の授業はここまで!

林:ありがとうございました!

ベビレ ベイビーレイズJAPAN ボクの女に手を出すな 映画

■ベイビーレイズJAPAN、地上波レギュラー番組オンエア中!

テレビ東京「浅草ベビ9」毎週日曜 25:05〜25:35
下町ロケバラエティ番組!MCにはバイきんぐ 小峠&三四郎 小宮が登場!
http://www.lespros.co.jp/special/bebi9tv/

『ボクの女に手を出すな』ちょびっと補足

ボクの女に手を出すな 小泉今日子 DVD ジャケット

高見先生の説明にもあるように、キョンキョンこと小泉今日子主演『ボクの女に手を出すな』は1986年12月13日に薬師丸ひろ子主演『紳士同盟』と二本立て公開されました。当時は2大ビッグ・アイドルの主演映画を一気に観られるお得感もあったものです。その中で本作は、アイドル映画にハードボイルド的世界観を導入したものとして異彩を放つとともに、大いに注目を集めました。

可愛いアイドルを単に可愛く映すのではなく、その奥に潜む憂いや哀しみ、青春の孤独など目に見えない感情を引き出すべく、80年代アイドル映画の旗手たちは腐心し続けてきました。また当時のアイドルたちの多くも、その期待に応え続けていったのです。ちなみに本作の中原俊監督は、この後しばらくして少女映画の金字塔たる不朽の名作『櫻の園』(1990)を放つことになりました。

キョンキョンも庄司陽子原作の人気漫画を原作とする『生徒諸君!』(1984)で映画初主演を果たし、明朗快活な高校生ヒロインを好演していましたが、本作ではがらりとイメージを変えてのクールで寂しげな不良娘に挑戦。もともと彼女は警察官の転落人生を描いたスキャンダラスな犯罪映画『十階のモスキート』(1983/崔洋一監督のデビュー作)で主人公(内田裕也!)の不良娘を演じて映画デビューを果たしており、その意味ではとうの昔に映画の洗礼を受けていた“映画の申し子”でもあったのです。以後の彼女の映画女優としての活躍ぶりは、もはやここに記すまでもないでしょう。

(by増當竜也)

出演:ベイビーレイズJAPAN 高見奈央&林愛夏
企画・構成 黒宮丈治/写真・HIRO SATO/監修・増當竜也

ベイビーレイズJAPAN13thシングル発売決定!

2017年5月24日(水)発売
ベイビーレイズJAPAN 13thシングル「バキバキ」

地上波TVレギュラー番組がスタートするベイビーレイズJAPANの2017年第1弾シングル!4月9日の日比谷野外音楽堂を皮切りに、熱戦必至の野外ワンマンライブ3連戦も開催決定!初回盤AのBlu-rayは昨年末に赤坂BLITZで2日間にわたり開催されたライブ映像を激選収録。

●初回盤A [CD+Blu-ray] PCCA-04518/本体価格¥4,352 【税込¥4,700】
●初回盤B [CD+DVD] PCCA-04519/本体価格¥1,667 【税込¥1,800】
●通常盤 [CD Only] PCCA-70501/本体価格¥926 【税込¥1,000】
https://babyraids.lespros.co.jp/news/detail/12032

ベイビーレイズJAPAN 野外ワンマン3連戦

第二戦@稲毛海浜公園野外音楽堂
“晴れも!雨も!大好き!!”海辺で有頂天バカンス

2017年6月24日(土)開演13:00

第2次ファンクラブ先行受付: 5/16(火)23:59まで
チケット:通常4,500円(税込)/写真集付き8,900円(税込)

http://www.lespros.co.jp/special/babyraids/yaon/2017/

関連記事

高見奈央「カ・イ・カ・ン」と言えなくて…
沖田総司はBカップ。ベビレ・林愛夏『幕末純情伝』を語る。
傳谷英里香『恋する女たち』に感じる10代の恋愛の違い
ベビレ・大矢梨華子、淡い恋心に感涙…!
渡邊璃生『時をかける少女』に思わず感情移入

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com