犯罪者の恋人と刑事の愛を描いた 韓流ノワール映画の秀作『無頼漢 乾いた罪』

■「キネマニア共和国」

韓国映画を見るたびに痛感させられるのは、お隣の国であるにもかかわらず、こうも日本とは感性が異なるものかということで、一方ではそれがまた韓国映画独自の面白さであるとも思います……。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街 vol.33》

『無頼漢 乾いた罪』もまた、そんな韓国映画ならではの面白さに満ちたハードボイルド・メロドラマです。

無頼漢

悪夢的迷宮世界の中で魅せる
クール&ストイックな演出

本作は、殺人を犯して逃亡中の犯罪者の情婦と、潜入捜査官として彼女に接近していく刑事が、いつしかお互い惹かれあっていくという、そんな許されない愛を描いた作品です。

ストーリーそのものは決して目新しいものではありませんが、オ・スンウク監督のクール&ストイックな演出が独特の世界観を醸し出し、薄汚れた場末の街があたかもダークでエロティックなファンタジーの舞台であるかのような、そんな異色韓流ノワールとして屹立しています。

日本では『八月のクリスマス』(99)や『力道山』(06)などの脚本家として知られるオ・スンウク監督は、一時映画界を離れて教師になっていたとのことですが、ギャングと刑事の確執を描いた監督デビュー作『キリマンジャロ』(00)以来14年ぶりに手掛けたこの監督第2作は、そういったブランクを感じさせることなく、いや、むしろ数年間カタギの世界(?)にいたことで従来の韓国映画にはない新鮮な情緒を作品世界に取り込むことに成功しているかのようです。
無頼漢
どこか迷宮の世界に入り込んでいるかのような悪夢的ともいえる闇の映像美を具現化させているカン・クキョンの撮影や、パク・イルヒョンの美術などのスタッフ・ワークも讃えられてしかるべきでしょう。

音楽に『ラブストーリー』(04)『親切なクムジャさん』(05)『ベルリン・ファイル』(13)『群盗』(15)など韓国映画音楽の名匠ともいえるチョ・ヨンウクを迎えているのも成功の一因で、この人が担当している映画なら見てみたいと素直に思わせてくれる貴重な作曲家でもありますが、今回も短いセンテンスながら効果的にムードを高める楽曲を披露してくれています。

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事