『バーニング 劇場版』は村上春樹原作を大幅に改変!気になる評価とは?

©2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved

日本を代表する作家・村上春樹の短編小説「納屋を焼く」を原作に、今回韓国で映画化された、この『バーニング 劇場版』。

翻訳版小説が世界中で刊行され、各国に多くの愛読者を持つ村上春樹の小説を、登場人物や舞台を韓国に変更し、どの様に映像化したのか?

個人的にも非常に興味のあった本作を、今回は多少の不安と共に鑑賞してきた。148分という上映時間も非常に気になる要素だが、果たしてその出来と内容はどの様なものだったのか?

ストーリー

小説家を目指す青年ジョンス(ユ・アイン)は、同じ農村で育った幼馴染の女性ヘミ(チョン・ジョンソ)と都会の片隅で再会する。惹かれ合う二人。しかし、ヘミがアフリカで出会った謎の男ベン(スティーブン・ユァン)を紹介したことで、3人の運命は複雑に絡みはじめる。ある日、ヘミと一緒にジョンスの家を訪れたベンは、夕暮れのベンチで秘密を打ち明けた。「僕は時々ビニールハウスを燃やしています」――この時から、ジョンスの周囲で不思議なことが起こり出す…。

予告編

日本から韓国へ、原作小説の設定を見事に移し替えた本作

村上春樹の短編小説「納屋を焼く」を大幅に脚色し、韓国映画界の巨匠イ・チャンドン監督の手により、究極のミステリーとして生まれ変わった、この『バーニング 劇場版』。

ヘミのミカンの皮をむくパントマイムや、作家のウィリアム・フォークナーなど、中盤までは原作小説の世界観が楽しめる本作。しかし、主人公のジョンスが目にした、ある決定的な事実をきっかけに、一気に物語はミステリーへと大きく変貌していくことになる。

その他にも、重要なアイテムである納屋をビニールハウスに変更したり、登場人物の家族関係が描かれるなど、本来短編小説である原作を148分の長編にした関係からか、予想以上に大幅な改変やアレンジが行われている本作。

そのためか、ネットのレビューや感想では原作ファンからの厳しい意見が散見出来たのだが、日本から韓国に舞台を移し替える上で、こうしたローカライズ作業は必要不可欠のものであり、むしろ原作と映画版の違いを楽しめるのも、本作の魅力の一つだと言えるだろう。

©2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved

実際、原作では僕と彼女には11歳の年齢差があり、そのためか僕の彼女に対する関係性は一定の距離感と抑制を保っていて、決して盲目的にのめり込んだり執着することはない。だが、映画版の主人公であるジョンスは、ヘミへの想いや幸せだった日々の思い出に執着し、彼女の行方を求めて最後まで食い下がる情熱を見せることになる。

この様に映画独自のアレンジとして、原作には希薄だった“濃密な人間関係”や“恋愛への執着”という部分が深く描かれる点には、日本でなく韓国で映画化した意味がそこにある、そう思わずにはいられなかった。

©2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved

一人称で感情を排し、主人公の視点から事実を描くハードボイルドな文体の原作小説か、それともヘミの行方と真相を求めて行動する、ジョンスの想いと情熱が観客の心に訴える映画版か?

原作未読の方は、鑑賞後に是非この両者を比較して頂ければと思う。

実は「ウォーキング・デッド」のあの人も出演!

本作のもう一つの話題は、何といってもあの大ヒット海外ドラマ「ウォーキング・デッド」に出演した、スティーブン・ユァンが謎の男、ベンを演じていることだろう。

一見、好青年にしか見えない彼の風貌だが、その裏側に隠された心の闇を感じさせる演技により、観客が彼に対して次第に疑惑を抱くようになるのは見事!

©2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved

もちろん、ベンが最後にその本性を現して壮絶な死闘になったり、ヘミの行方や真実が全て明らかになるなど、そんな簡単に明確なエンタメ方向には進まない本作。

後述する、ユ・アインの次第に熱を帯びていく演技と、最後まで観客を翻弄する、スティーブン・ユァンの静かな演技が絶妙なコンビネーションを見せる終盤の展開は、正に二人の演技対決が堪能出来る見せ場となっているので、お見逃しなく!

凶悪過ぎる悪役から普通の青年に、その演技の振れ幅が凄い!

2015年に日本でも公開された映画『ベテラン』での、近年稀にみる最凶の悪役で日本の映画ファンに強烈な印象を残したユ・アイン。ところが本作では、一転してそのオーラを完全に消して、全く違う普通の青年を見事に演じているのが凄い!

©2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved

小説家志望だが、その将来に希望を見いだせないジョンスが、偶然出会って恋愛関係になった幼馴染のヘミ。だが、突然失踪してしまったヘミの行方を追う中で、次第にジョンスは社会に潜む闇と対峙することになる。

今起きていることは現実なのか、それとも自分の妄想か?

ヘミの行方と事件の真相への唯一の手がかりである、ベンの尾行と調査を続ける中で、ついに決定的な証拠をつかんだジョンスが最後に選択したものとは、果たして何だったのか?

中盤までの淡々とした展開から一転して、それまで抑えていたジョンスの想いが爆発する様なラストの衝撃は、是非劇場で!

観客によって様々な解釈が出来る本作、果たして事件の真相とは?

本作で一番観客の想像力を刺激するのは、やはりヘミがどうなったのか? そしてベンとは何者なのか? この2点に尽きる。

だが、原作ではこの重要な2点についての答えは明らかにされておらず、今回の映画版でもヒントや手掛かりは登場するが、やはり明確な答えが描かれることはない。

©2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved

そのため、元ネタやオマージュ・引用作品の正解探しや答え合わせが流行している現在では、こうした観客の想像力に全てを委ねる様な“余白”の多い映画は、一種難解なものとして受け取られる可能性が高く、更に148分という上映時間の長さもあって、劇場での鑑賞を躊躇されている方が多いのではないだろうか?

だが、ちょっと待って! 映画の中で明確な答えが提示されないからこそ、観客が自由な発想で独自の解釈が出来るのも事実なのだ。言い換えるなら、映画と原作小説を深く読み込んで理解力を鍛えるには、この『バーニング 劇場版』こそ、正に最適の作品だと言えるだろう。


    ライタープロフィール

    滝口アキラ

    滝口アキラ

    滝口アキラ 映画ライターにしてブルース・リー研究家。主な著書に、「ブルースリー超全集」「俺たちのジャッキーチェン」「俺たちの007」などがある。映画のコミカライズや、日本オリジナル映画主題歌などの、「失われた映画カルチャー」にも造詣が深く、TBSラジオ「ウイークエンドシャッフル」へのゲスト出演、今関あきよし監督作品への声優出演、更には「実際に映画に出演する映画ライター」として、現在「毎月1本必ず映画に出る」をノルマに活動中。その抜群の企画力と、交友関係の広さには定評がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com