『カメラを止めるな!』を絶対に観るべき8つの理由!ゾンビ映画最高傑作にして大感動ファミリー映画だ!

(C)ENBUゼミナール 

6月23日より、『カメラを止めるな!』が公開されます。メジャー公開ではない低予算のインディペンデント映画であり、キャストもスタッフも(こう言っては失礼ですが)無名であるため、その存在を知らないという方も多いでしょう。

しかしながら、知らないままでいることはあまりにも勿体ない! お世辞抜きで2018年の映画の中でも一番の必見作であり、近年の『アイアムアヒーロー』や『新感染 ファイナル・エクスプレス』に並ぶゾンビ映画の最高傑作と呼んでも過言ではない、とんでもない面白さを持つ作品だったのですから!

そして、本作はネタバレなしでの紹介がものすごく難しい! どれくらい過度なネタバレが厳禁な内容かと言えば、冗談抜きで『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に匹敵するレベル! 予備知識がなければないほうがより楽しめる“まさか”の展開があり、「こんな映画だったのか!」と存分に驚いて欲しい内容でもあるのです。

しかも、本作は“ゾンビ映画でありながらゲラゲラと笑えるコメディ映画”でもあり、“ゾンビ映画でありながら感動的なファミリー映画”でもあり、“最初から最後までひとときも退屈しない極上のエンターテインメント”でもあり、“お金がなくても情熱とアイデアがあればここまで面白い映画が作れることの証明”のような作品でもありました。それらの魅力を詳しく説明すると、これまたネタバレになってしまうので苦しい!

そして、『カメラを止めるな!』はゾンビ映画という括りのみで考えてしまうことも勿体無い、老若男女を問わずに誰もが楽しめる内容であることも強く訴えておきたいです。ゾンビ映画を観たことがない、またはゾンビ映画の残酷さやホラー要素が苦手という方でも、存分に楽しめるのですから(もちろんゾンビ映画ファンも盛り上がれます)。その理由さえも詳しく書くと、これまたネタバレになってしまうのです。

このように、ネタバレなしで内容を紹介することがとてつもなく難しいため、この記事では以下の3段階に分けて『カメラを止めるな!』の魅力を解説します。いずれも致命的なネタバレはありませんが、何も知らないままで楽しみたいという方は十分にご注意ください!

タイプ別の『カメラを止めるな!』魅力紹介

※目次のクリックで該当箇所へ移動することができます。
【第1段階:圧倒的な高評価と、スタッフとキャストの情熱を知ってほしい! ネタバレは皆無です!】
【第2段階:コメディ映画でありファミリー映画でもある理由を解説。物語上のネタバレはありません!】
【第3段階:公式サイトや予告編でわかることを紹介。少しだけ内容に踏み込みますが、知っていても十分に楽しめます!】

【第1段階:圧倒的な高評価と、スタッフとキャストの情熱を知ってほしい! ネタバレは皆無です!】

(C)ENBUゼミナール 

1:『この世界の片隅に』や『万引き家族』のような超高評価!

とにかく知っておいて欲しいのは、日本のゾンビ映画、低予算のインディペンデント映画としては異例とも言える、圧倒的な高評価を得ているということ。箇条書きで簡単にご紹介しましょう。

・先行上映や試写会では絶賛の嵐。映画レビューサービスのFilmarksでは5点満点中4.2点という『グレイテスト・ショーマン』や『この世界の片隅に』に並ぶ高評価を獲得
・“ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018”でゆうばりファンタランド大賞(観客賞)を受賞
・“ウディネ・ファーイースト映画祭(イタリア)”では上映後5分間に渡るスタンディングオベーションが巻き起った
・南米最大級のファンタスティック映画祭“FANTASPOA 2018(ブラジル)”にてインターナショナルコンペティション部門・最優秀作品賞を受賞
・その他の映画祭でも軒並み高評価&権威ある賞を受賞(今後も映画祭での上映が続々と決定)
・町山智浩、水道橋博士、乙一、水野美紀などの著名人が公式サイトに絶賛コメントを寄せる

国内で大好評なのはもちろん、国外の権威ある賞を受賞し、さらに絶賛に次ぐ絶賛で迎えられている……まるで現在大ヒット中の『万引き家族』のようではありませんか!

2:情熱と自信が伝わる、宣伝の頑張りを見逃すな!

本作はかなりの低予算映画です。元々は映画監督や俳優の養成学校である“ENBUゼミナール”におけるワークショップの企画の1つで、クラウドファンディングのページで上田慎一郎監督は「少ないながらもスタッフにもちゃんとギャラを支払いたい」「この映画に賭けてくれた俳優たちに少しでも良い環境で芝居をしてもらいたい」などと書かれています。極めて制作費が少ない(もしくはない)、スタッフやキャストへのギャラもごくわずか(もしくは払えない)という厳しい状況であったのは間違いないでしょう。

しかしながら、本作は(詳しくは後述しますが)素晴らしいアイデアと、徹頭徹尾退屈することのない娯楽性の高さで、とんでもない面白さを持つ映画に仕上げています。そのあるアイデア自体はお金がなくても確かに実現可能なものなのですが、決して簡単に達成できることではありません。むしろ低予算を逆手に取り、限られた場所や予算でこその最高のエンターテインメントを作るという気概に溢れていると言ってもいいでしょう。そのために、監督ほか優秀なスタッフたちが、努力に努力を、工夫に工夫を重ねていたことは想像に難くないのです。

キャストは無名ながら、全員が全員とも魅力的なキャラクターを生き生きと演じられています。誰もがハマり役に見えるのは、オーディションで集まったそれぞれに対し“当て書き(演じる俳優をあらかじめ決めておいてから脚本を書くこと)”をしたためでもあるのでしょう。

そして、本作は宣伝費さえもほとんどないようです。公式Twitterを見ればわかる通り、キャストたちが自らの足で、チラシを劇場や飲食店に設置していたりするのですから。

さらには、キャストとスタッフが連日、公開日までのカウントダウンを実施しています。上田慎一郎監督のお子さん(1歳の赤ちゃん)までもがこの企画に参加しているのが微笑ましいですね。

また、本作は“実際に作品を観てもらう”という宣伝も積極的に行っています。2017年11月に6日間限定での先行公開をした他、マスコミ試写会を積極的に開催し、先日には学生限定の特別試写会も行い、公開日前夜には前代未聞のニコニコ生放送で本編の有料生配信を実施するのですから。

なぜスタッフとキャストがここまで本気で宣伝をしているのか? その理由は聞くまでもないでしょう。「これほど面白い映画を作ったんだから、より多くの人に観て欲しいんだよ!」に違いありません。

お金がないからこその宣伝が、そのままスタッフとキャストの情熱、そして作品そのものの自信の表れになっているのです。決してタダではできない試写会をたくさん開催していることも、口コミで評判が広がる作品であるという自信があるからでしょう。これは大手配給会社の映画ではみられないこと。その情熱と自信を信じ、応援したくなるではありませんか!

3:これ以上の予備知識はなくてもいい! 上映劇場を調べて観に行こう!

重ねて書きますが、『カメラを止めるな!』は予備知識がなければないほうが楽しめる、過度のネタバレが厳禁なエンターテインメントです。最大限に楽しみたいのであれば、ここまでの情報だけで十分。圧倒的高評価と、スタッフとキャストの情熱を信じて、以下の劇場情報だけを確認し、映画館に足を運んでください! 6月23日の初日では、全ての回で舞台挨拶が予定されていますよ。

・新宿K’s cinema(東京)6月23日(土)〜終了未定
・池袋シネマ・ロサ(東京)6月23日(土)〜終了未定
・シアターキノ(札幌)8月4日(土)〜10日(金)
・上田映劇(長野)9月8日(土)〜21日(金)
・宮崎キネマ館(宮崎)夏予定
・シネ・リーブル梅田(大阪)9月予定
・シネマスコーレ(名古屋)7月21日(土)〜8月3日(金)
・シネマ尾道(広島)9月予定
・横川シネマ(広島)公開日未定
・ユナイテッド・シネマ キャナルシティ(福岡)7月20日(金)〜2週間予定

※追記:上記は6月下旬時点で予定されていた劇場情報です。8月中旬現在では全国150館での上映が決まっています。以下のリンクからぜひチェックを!

<詳しい劇場情報のページはこちら(ゾンビメイクでの割引、リピーター割引の情報もあります)>
http://kametome.net/theater.html

【第2段階:コメディ映画でありファミリー映画でもある理由とは?物語上のネタバレはありません】

(C)ENBUゼミナール 

4:『ズートピア』のような抱腹絶倒のコメディシーンがあった!

本作のジャンルはゾンビ映画ですが、あまり悲壮さや残酷さ、ホラーとしての怖さはありません。それどころか、試写会で割れんばかりの爆笑が起こった、抱腹絶倒のコメディ映画でもあるのです。

なぜ本作がゾンビ映画でありながらコメディ映画でもあるのか?と詳細に説明しようとすると、やっぱりネタバレになるので書けません。しかし、“映画でしかできない笑いが満載”ということだけはお伝えしておきます。それは、時間の短いショートコントや漫才では絶対に不可能な“まさか”の伏線回収のおかげなのです。

例えるなら、先日に地上波放送された『ズートピア』のラストシーン。中盤のコメディシーンはそれ単体で笑えた上、ラストではそのコメディシーンを伏線としたおかげで、さらなる大爆笑をかっさらうことに成功していました。その『ズートピア』のラストは“偏見と差別”という作品のテーマにも密接に絡んでいたのです。

『カメラを止めるな!』のコメディ要素は『ズートピア』と同様に、それ単体で面白い…というよりも“違和感があり”“笑っていいのか困惑する”のですが、それを“まさか”の伏線として回収したおかげで、ゲラゲラと笑えた上にスカッと痛快、同時に(詳しくは後述しますが)作品のテーマそのものをも表すことにも成功しているのです。具体的なことが書けないのがもどかしいですが、とにかく「笑いたい」という方にとっても、『カメラを止めるな!』は必見作と言えるでしょう。

『カメラを止めるな!』の笑いの内容にもう少しだけ踏み込めば、“登場人物が軒並みポンコツ”ということでしょうか。ゾンビに襲われているという状況においても彼らはどうしようもなく間抜けで、なんとも愛おしくなってきて、そのキャラへの思い入れが増すほどさらなる笑いが巻き起こっていくのです。「全力でバカをやる」という意味では、王道の笑いを突き詰めているとも言えるでしょう。

5:『デッドプール2』のような“まさか”のファミリー映画だった!

『ジョゼと虎と魚たち』や『猫は抱くもの』の犬童一心監督は、本作のレビューコメントにて「ファミリーでもOK!」と書いています。筆者もこの意見に同意、というよりもむしろ「家族で観てほしい!」と強く訴えたいです。

なぜ本作がゾンビ映画でありながらファミリー映画であるのか?と詳細に説明しようとすると、これまたやっぱりネタバレになるので書けません。フワッと表現できるのは、“教育上全く問題ないどころかとっても教育的”かつ、“観た後は少し家族に優しくなれる物語だから”、ということくらいでしょうか。

公開中の映画『デッドプール2』はR15+指定にも関わらず「実はファミリー映画だよ」という触れ込みがあり、実際の本編も冗談抜きで(家族を描いた映画という意味での)ファミリー映画になっているという面白さがありました。子供は当然その『デッドプール2』を観ることはできなかったのですが、この『カメラを止めるな!』はパッと見のイメージとは違って小学生くらいのお子さんが観ても全く問題がない(それどころか子供こそに観て欲しい)という意味で、『デッドプール2』を超えて「マジのファミリー映画で驚いた!」な内容になっているのです。

コメディとしてゲラゲラと笑え、サービス精神が満載でひとときも飽きさせず、“家族を描き”“家族で観られて”“子供から大人まで楽しめる”……ファミリー映画として、これは理想的です。ゾンビ映画というジャンルとしても、革命的と言えるでしょう。

個人的に、本作はゾンビ映画が好きだというお父さん(お母さん)に、小学生以上のお子さんを連れて観に行ってほしいです。ゾンビ映画はもちろん、映画というエンターテインメントそのものの魅力に、きっと気づいてもらうことができますよ。

余談ですが、本作の初期のプロットでは監督の娘役として小学6年生の女の子を登場させる予定だったのですが、オーディションで小学生が応募してこなかったため、女子大生の設定に変える必要があったのだそうです。この元々の設定でも、作り手が子供もターゲットにした映画にしたかったという気概が伝わりますね。

【第3段階:公式サイトや予告編でわかることを紹介。少しだけ内容に踏み込みますが、知っていても十分に楽しめます!】

(C)ENBUゼミナール 

6:“37分間のワンカット”で撮られた、ノンストップのゾンビ映画だった!

本作がどういう映画であるか、その内容の1つに踏み込めば、“37分間のワンカットで撮られたゾンビ映画”ということです。ワンカットとは、編集の“切れ目”が存在しない、つまりはカメラをずっと回し続けていたということ。『カメラを止めるな!』というタイトルも、そのワンカットの映像を作り上げることを意味しているのです。(英題は「One Cut of the Dead」となっています)

もちろん、ワンカットの映画を作り上げることは、簡単ではありません。カメラを回し続け、その間に役者はずっと演技をし続けるしかなく、許容できないアクシデントがあれば“初めから撮り直し”になるのですから。

実際に『カメラを止めるな!』では、ワークショップの頃から数えればリハーサルを10回以上行い、ワンカットの映像を作り出すために6テイク(通しで撮れたのは4テイク)を重ねています。しかも、キャストたちが血糊で汚れてしまうこともあって、1日に2〜3回しか撮影できなかったのだとか。中には、最後までやり終えたにも関わらず、カメラマンが転んだ時に撮影ボタンがオフになってしまっていて、全く撮れていなかったという勿体無さすぎるテイクもあったそうです。

しかも、実際に本編で採用されたラストテイクの映像にも、撮影時のミスがいくつも映り込んでいるのです。その1つが、“カメラについた血糊を拭う”というシーン。演出としてワザとやっているのかと思いきや、これが実は本当のアクシデント! その他にも、「これは作劇上で予定されていたトラブルなのか?」「それとも本当のアクシデントなのか?」と、良い意味で不安にさせてくれます。

また、本作の物語の発端は「ゾンビ映画を撮影していたら、本物のゾンビに襲われてしまった!」というもので、いわゆるフェイクドキュメンタリー(モキュメンタリー)になっています。これ自体は低予算映画によくみられる手法であり、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』や『パラノーマル・アクティビティ』などを思い出す方も多いでしょうが、それ以降はそれらとは似ても似つかないオリジナリティが満載です。良い意味で全く怖くない、抱腹絶倒のコメディ&感動のドラマへと展開していくので、楽しみにしてみてください。

7:“残り”が重要だった! 驚き、笑い、そして感動してほしい!

この『カメラを止めるな!』の上映時間は全部で96分です。しかしながら、前述した“ワンカットのゾンビ映画”は37分間のみ。では、残りの約1時間は一体どういう内容なのかと誰もが思うところですが……その“残り”こそが、この映画の最大のネタバレ厳禁部分。観ていない人には口が裂けてもその内容を言うことはできません! 「まずは困惑して」「度肝を抜かれて」「笑って」「感動して!」とフワッとしたことしかお伝えできないのです。

本作のキャッチコピーには「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。」とあります。まさにこの通り、ワンカットのゾンビ映画が終わっても、そのまま席に座っておきましょう。それまで疑問に思っていた“違和感”が解消され、次々に“パズルのピールがハマっていく”快感に酔えるはずですよ。

8:映画愛に満ち満ちていた! ものづくりに関わる方に観てほしい理由とは?

本作が“映画愛”に溢れていること、“ものづくり”に関わる方に絶対に観て欲しいこともお伝えしなければいけないでしょう。(フェイク)ドキュメンタリー的な手法を用いることで、“何かをみんなで作り上げること”そのものの喜びや楽しさを謳っており、そのことが作品のテーマと言っても良いのですから。

普段映画を観ないという方であっても、映画そのものの魅力、ものづくりそのものの楽しさや意義に気づくことができるでしょう。大切な作品が1つでもある映画ファンの方であると、さらなる深い感動があるはずです。

『カメラを止めるな!』というこの映画を、キライになる方はいないかもしれません。愛すべき登場人物たちばかりで、ゾンビ映画のキモも捉えていて、コメディとしてゲラゲラ笑え、ファミリー映画として感動的で、アイデアそのものに驚いて、そのアイデアを実現したキャストとスタッフたちに心からの拍手を送りたくなる……世の中に数あるインディペンデント作品で、ここまで素晴らしい映画が他にあったでしょうか。(いや、ない!)

最大限に『カメラを止めるな!』の魅力を堪能したいのであれば、絶対に映画館で観ましょう。唯一無二とも言える驚き、笑い、興奮を、一緒に観た人と共有すれば、忘れられない体験になることは間違いありません!

(C)ENBUゼミナール 

おまけその1:監督の次回作はVR映画!

『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督の次回作は、なんとVR(バーチャルリアリティ)映画です。グライダーを操縦する部活“航空部”を舞台としたマンガ「ブルーサーマル 青凪大学体育会航空部」を原作とした約12分の作品で、7月上旬よりカラオケやゲームセンターなどに常設されているサービス“VR THEATER”、またVRポータルアプリ“VR CRUISE”で体験可能となるとのこと。実写映画版『鋼の錬金術師』で声の出演およびモーションアクターを務めた水石亜飛夢も出演しています。

<『ブルーサーマルVRーはじまりの空ー』公式サイトはこちら>
http://bluethermal-vr.com/

また、上田慎一郎監督が手がけたシュートームービー「正装戦士スーツレンジャー」が公開中です。こちらはビジネスパーソンのためのトータルファッションブランド「ザ・スーツカンパニー」とのコラボ企画で、“昭和特撮”感に溢れるアツさと良い意味でのバカバカしさが融合した、素敵な動画になっていますよ。

おまけその2:『カメラを止めるな!』と合わせて観て欲しい映画はこれだ!

最後に、『カメラを止めるな!』と合わせて観るともっと楽しめる、5つの映画を紹介します。

1:ヴィクトリア

ヴィクトリア(字幕版)

2時間20分に及ぶ本編を全てワンカットで撮影した映画です。俳優たちはわずか12ページの脚本をもとに即興でセリフを発し、撮影中に発生したアクシデントもカメラに収めています。序盤は穏やかなシーンが続くので少し退屈にも感じるかもしれませんが、主人公がとある犯罪に巻き込まれてからは息つく暇のないハラハラの連続でした。

キャッチコピーは「たった一夜で、彼女の人生は一変する」。全編ワンカットという作劇は、その悪夢のような一夜をリアルタイムで体験できるということと見事にマッチしていました。クライム・サスペンスとしても極上の出来で、ベルリン国際映画祭で最優秀芸術貢献賞を受賞したことも納得の傑作に仕上がっています。

2:ラヂオの時間

ラヂオの時間

ラジオドラマの生放送中に、高慢な女優の要望や、勝手なキャストの暴走で、元々のシナリオが予想もしない方向へと変わってしまうというコメディです。キャラクターのそれぞれがポンコツで、シナリオへの“つじつま合わせ”のために奔走する姿はなんともおかしく、そして感動させられるでしょう。

なお、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督は「『ラヂオの時間』をクエンティン・タランティーノ監督が作ったらどうなるかな?ということをやりたかった」と語っています。確かに『カメラを止めるな!』の本編は『ラヂオの時間』以外にも、『キル・ビル Vol.1』のような編集のテンポの良さ、『ジャンゴ 繋がれざる者』のようなスカッとするカタルシスを感じられるかも?

3:フロム・ダスク・ティル・ドーン

フロム・ダスク・ティル・ドーン (字幕版)

この映画の最大の魅力は「前半と後半が全然違うやんけ!」ということ。前半は犯罪者の兄弟2人が、たまたま出会った一家を脅して逃亡を続けるというクライム・ムービーなのですが……中盤でズッコけるような展開があり、そのままのテンションで最後まで突っ走るという、破天荒すぎる内容になっているのです。

クエンティン・タランティーノが脚本と出演を、『アリータ: バトル・エンジェル』が2018年12月に公開予定のロバート・ロドリゲスが監督を務めた作品で、この両者の作家性と“おふざけ具合”が最大限に発揮されていることも大きな魅力でした。『カメラを止めるな!』同様、この映画もなるべく予備知識がないまま観た方がいいでしょう。

4:サマータイムマシン・ブルース

サマータイム・マシン・ブルース

劇団ヨーロッパ企画の代表作の映画化作品です。タイムマシンが出てくるまでは意味不明な描写ばかり、登場人物がグダグダとしているだけで、はっきり言って退屈に感じるのですが、その序盤で提示された全てのことが“まさか”の伏線として回収されていく様には感動させられました。

この“パズルのピースがはまっていく快感”“全力でバカをやる”“なんとか辻褄合わせをしようとする努力と奮闘”は『カメラを止めるな!』の面白さに通じています。キャラクターのほぼ全員がダメダメなのに(だからこそ)愛おしくなってくるのも共通していますね。

5:コリン LOVE OF THE DEAD

コリン LOVE OF THE DEAD スペシャル・エディション [DVD]

低予算であることをむしろ売りにしているゾンビ映画です。その制作費は日本円にしてなんと6000円! 主演俳優は監督の親友だったので無償で出演、ゾンビ役のエキストラはFacebookなどで募集。6000円の内訳は撮影用の小道具、ミニDVテープ数本、エキストラに配るお菓子代くらいだったそうです。

物語は主人公がゾンビになってしまい、わずかに残っていた記憶をたよりに、恋人のアパートに向かうというもの。正直に申し上げると間延びしている展開も多いのですが、美しいショットあり、ゾンビ映画ならでの残酷性もしっかり表現されているなど、あなどれない作品になっていました。『カメラを止めるな!』の低予算っぷりはこの映画に負けてはいないでしょうが、娯楽性でははるかに上回っていますよ。

なお、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督は『パルプ・フィクション』や『マグノリア』や『愛のむきだし』などの映画が大好き、または自身の作家性に強く影響を与えていたと語っています。こちらもまた名作であるので、ぜひ合わせて観てみてください!

(文:ヒナタカ)

関連記事

『海街diary』実写映画化作品として理想的になった3つの理由
『万引き家族』モラルに問題のない3つの理由(ワケ)
『恋は雨上がりのように』は青春映画の新たな名作!その5つの理由を全力で語る!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com