『カーズ/クロスロード』は大人こそ観るべき!その理由とは?

カーズ/クロスロード ポスタービジュアル

(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

2017年7月15日に公開となった映画『カーズ/クロスロード』を観てきました。
一言で感想を言うなら「大人にこそ観てほしい胸熱なアニメーション映画!」です。

「カーズ」シリーズ最新作は衝撃的な事件から始まる

まずはあらすじからご紹介。

天才レーサーであるライトニング・マックィーンはベテランとも呼ばれる位置になり、第一線で走っていた。そんな中、最新テクノロジーを追求した新人・ジャクソン・ストームが突如として登場し、マックィーンは敗北してしまう。その頃から周囲ではストームをはじめとする次世代レーシングカーが現れ始め、マックィーンと同世代のレーサーたちは次々と引退をし始める。

ストームに負け続けていたマックィーンは勝負に勝とうと奮起するが、レース中に大クラッシュを起こしてしまう。

失意のどん底にいたマックィーンは仲間たちの励ましもあり、再起を決意して最新技術を取り入れたトレーニング施設で訓練を開始。そこで担当のトレーナーとなったクルーズ・ラミレスと共にトレーニングを開始するのだが…。

映画の冒頭でマックィーンがクラッシュするシーンはあまりにも衝撃的です。
予告編でもそのシーンがありますが、そのシーンを観ている間はまるで時が止まっているかのようでした。

ちなみに僕は過去のカーズシリーズは観ておらず、今回が初のカーズシリーズでした。
もちろん、今回が初カーズの方も全然問題なく、楽しめます!

(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

今作は誰にでもある「人生の岐路」がテーマ

マックィーンのクラッシュという衝撃的なシーンから始まる『カーズ/クロスロード』。

この作品のテーマは「人生の岐路」というものです。

これまでトップを走り続けてきたマックィーンが初めて味わう挫折。同世代のレーサーたちは続々と引退をしていく中、自分は夢を追い続けるのか。はたまた違う道を進むのか。

人生で一度は通るであろうテーマになっています。

マックィーンは挫折を味わうも、レーサーを続けるという夢を捨てきれない彼は夢を追い続けることを選びます。次のレースで勝つためにクルーズとともにトレーニングを始めるのですが、勝ちたいという気持ちが強すぎて、全然うまく走れません。

どれだけトレーニングをしても、気持ちだけが空回りして、面倒を見てくれているクルーズを傷つけることも。

ここまでのストーリーを観ていると、他人事の話ではなく誰にでもあるような話なのだと気づきます。感情移入してしまって、自分を観ているかのように思えました。

(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

挫折を経験したマックィーンの選ぶ人生のクロスロードとは?

マックィーンはひょんなことから今は亡き自分の師、伝説のレーサーでもあるドック・ハドソンの師匠のスモーキーに特訓をしてもらうことになります。

マックィーンはドックが引退したときはどういう風だった?と聞きます。しかし、スモーキーは「ドックはマックィーンと出会って輝き始めた。それはマックィーンがいたから」と告げます。

人生は夢を追いかけるということだけではなく、新たな道を選んでもいいということをここでマックィーンは気づきます。

私たちの生活でも、どうしても行きたかった学校や会社があったけど、違う方向に進んだという経験を持っている人がいるかと思います。意外とそういう新しい道の方を選ぶといいことが待っていたりします。

夢を追い続けること、新たな道を選ぶこと。

どちらが正解ということではないのです。

マックィーンが持つレーサーとしてあり続けたいという生き様は変わることはないですが、自分の師・ドックが進んだ道も理解できる。

その狭間でレーサーとして続けられるかどうかの最後のチャンスがやってくる。

人生の岐路(クロスロード)をマックィーンはどちらを選ぶことになるのか。マックィーンの選んだ道は誰もが予想しなかった結末を迎えます。

『カーズ/クロスロード』は映画館では子供連れが多く、子供向けの映画ですが、大人向けの映画なのでは?と思うほど、人生にリンクするシーンがたくさん出てきて胸を揺さぶる映画に仕上がっています。

自分のこれまでの人生を振り返り、これからの人生を考えさせられる映画になりえる作品になっていると思います。

ぜひ映画館でマックィーンの行く末を見届けてください!

(文:澤田孝志)

関連記事

片山右京&福澤朗の実況付「カーズ」最新作、特報映像
マックィーン引退?「カーズ」最新作、日本公開日決定&ポスター解禁
『ズートピア』解説、あまりにも深すぎる「12」の盲点
歴代ピクサー作品の英語タイトル、あなたはいくつ知っている?
大人こそ楽しめる!「ピクサー展」7つの魅力

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com