【超会議2017】初音ミクの音ゲーに大行列が!君はたった二日間だけのゲームをプレイできたか!?

2017年4月29日・30日、松竹は千葉・幕張メッセで開催の「ニコニコ超会議2017」にて「超松竹NEO花街」を出展しております!場所はホール5・B-52、大きな土俵の目の前です。

たった二日間だけ遊べる!初音ミクの音ゲー

中村獅童と初音ミクが共演する超歌舞伎。今年の演目は「花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」を実施する超会議ですが、超松竹NEO花街(松竹ブース)ではそんな超歌舞伎に出演する美玖姫が音楽に合わせて舞う音ゲー「歌舞伎音遊戯 〜美玖姫様が舞う〜」を初出展。わざわざ超会議のためだけに開発したゲームで、来場者は誰でもプレイ可能です。

いや〜、筆者はシネマズby松竹のライターとして松竹のブースを毎年取材してきましたが、松竹がついに音ゲーを作ってしまう日がくるなんて正直ビックリですよ!

年を重ねるごとに熱くなる松竹ブースへは来場者も期待を寄せているようで、ニコニコ超会議2017の初日を迎えた4月29日には多くの人が「歌舞伎音遊戯 〜美玖姫様が舞う〜」をプレイしようと、長い列を作っていました!

一見すると簡単そうなのですが、プレイしていると徐々に難易度が上がり、特に後半は難しいようで皆さん必死になってプレイ。ですが、フィーバーモードに突入するとリアルな黒子さんが花吹雪で盛り上げてくれます!一気にざるごと撒いちゃう花吹雪はヤバイでしょwww

高得点が出なくても美玖姫様の前ではニコニコ顔になってしまうようで、皆さん楽しんでおられましたよ。超会議開催期間中のたった二日間しかプレイできませんので、30日(日)に訪れる人はこのラストチャンスをお見逃しなく!

「カブキブ!」トークショーで会場が熱い!

さて、開催期間中は日替わりで特別イベントも実施。4月29日(土)午後からはアニメ「カブキブ!」の声優さんがゲストに登場するトークショーを開催しました。ゲストには来栖黒悟役を務める声優の市川太一さん、歌舞伎俳優・澤村宗之助さんが来場して、カブキブ!の舞台裏を語ってくれました。MCはムートン伊藤さん。

なんと、澤村さんがガチで歌舞伎役者として発したセリフをその場で市川さんが真似してチャレンジするという企画が行われ、会場は大盛り上がり!

わずか数分の練習しかしていないのに、まるで歌舞伎役者のようにキレイなセリフを披露した市川さんに澤村さんは「たいへん結構だったと思います」と、その出来栄えに満足なご様子。

一方の市川さんは「やっぱり、一朝一夕には習得できませんが、なんとか形にすることができました。ありがとうございました!」と、たいへん喜んでいました。

芸者さんと実際に遊べる!

さらに、超会議の場でお座敷遊び体験ができるのも松竹の新たな試み。「金比羅船々(こんぴらふねふね)」という香川県の民謡に合わせて、卓上のモノをタッチしたり、取ったりして、勝敗を決める遊びです。

曲のスピードが徐々に速くなり、リズムに合わせるのがハラハラドキドキ。

来場者は東京新橋組合の正真正銘の芸者さんによるお座敷遊びを体験できたとあって、改めて日本文化の良さを感じられたのではないでしょうか。

後半には芸者さん4人が踊りを披露し、最初から最後まで楽しいお座敷でした!

超会議、30日(日)もぜひ松竹ブースへ!

2日目の4月30日(日)は音ゲー「歌舞伎音遊戯 〜美玖姫様が舞う〜」のプレイはもちろん、11時からはこの日だけの「超歌舞伎 花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」トークショーを実施します。

トークショーでは超歌舞伎に出演の歌舞伎俳優・澤村國矢さんと脚本を担当した松岡亮さんが登場し、ここでしか話せない制作秘話を語ってくれることでしょう!ぜひ、ニコニコ超会議2017の2日目も松竹の「超松竹NEO花街」(ホール5・B-52)へお越しください!

(取材・文:アスカ)


    ライタープロフィール

    アスカ

    アスカ

    アクション映画をおかずにご飯が食べられるほど映画が好物で、過去の作品では『逃亡者』や『フェイス/オフ』が好き。念願だった映画館のある街に住み始めてからは、観たい作品は奥さんを放ってでも観に行っている。2011年には某配給会社のPR大使を務めたことも。ブログ「め〜んずスタジオ」で趣味の情報を発信しながらのんびり生活中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com